丸山茂樹「もうそんな時代じゃない」大相撲の暴力問題に意見 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹「もうそんな時代じゃない」大相撲の暴力問題に意見

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹は、横綱日馬富士の暴行問題をどう見た?

丸山茂樹は、横綱日馬富士の暴行問題をどう見た?

 一人で話す場合だと、話すテーマを忘れないように走り書きにしといて、でもそれにとらわれすぎず、場の雰囲気で臨機応変にしゃべっていきますね。

 さて、大相撲では横綱日馬富士(33)の暴行問題が発覚して、大きな騒ぎになってます。日本のスポーツ界では、かつては指導者が選手を殴るなんてこともありましたし、先輩後輩の間でも、僕も大学時代にいまなら問題になりそうなことも経験しました。でも、もうそんな時代じゃない。大相撲だろうが何だろうが、暴力はもう絶対にダメですからね。

 今回の問題ではいろんな話が飛び交ってて、何が真実なのかよく分からないですけど、あんまり毎日毎日この事件を報道しないでほしいって思っちゃいます。確かに世間の関心のある事件なんですけど、報道するたびに大げさになっていっちゃう気がして。個人的には、日馬富士もそこまで悪意があってやったとは思えないんですけどね。

 相撲もいろいろあってお客さんが離れたときもありましたけど、今年なんか一年中大入り満員ですからね。人気が復活したところで、相撲協会にとっては大打撃でしょう。何とかいい方向に解決してほしいですね。

週刊朝日  2017年12月8日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい