日本シリーズで発揮した“カメラの目” 「リクエスト」導入で変化は?

連載「ときどきビーンボール」

週刊朝日#東尾修
日本シリーズ第2戦。七回裏ソフトバンク2死満塁、中村晃の右前適時打で三塁走者に続き、二塁走者今宮が逆転の生還。捕手戸柱(c)朝日新聞社
拡大写真

日本シリーズ第2戦。七回裏ソフトバン...

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、日本シリーズで行われた「映像検証」への感想を述べ、今後について日本球界に提言する。

【東尾氏が目を見張った場面の写真はこちら】

*  *  *
 見ていたファンの方々も判定に異を唱えた方は少なかっただろう。まだ記憶に新しい10月29日の日本シリーズ第2戦。ソフトバンク今宮健太の本塁ヘッドスライディングは、当初のアウト判定からリプレー検証でセーフとなった。これが決勝点。翌日のスポーツ紙には今宮の「神の手」と称する見出しが躍った。

 だが、このプレーで私が目を見張ったのは、様々な角度からの映像だった。タイミングはアウトだったかもしれない。しかし、捕手の戸柱のミットがわずかに浮いていた下に、しっかり今宮の左手の指先が入っていたのがわかった。これだけ鮮明な映像で見せられたら、誰も文句は言えない。

 中継したのはフジテレビだったが、関係者に聞くと中継カメラに加えて100台もの小型カメラを球場全体に配置していたという。試合前にその映像テストを行っているシーンを見せてもらった。球場全体の一瞬を逃さない、その「カメラの目」の数々に驚いた。今宮のシーン、本塁のクロスプレーを見ていた「カメラの目」は50台あったという。経費もかさむと思うが、日本シリーズという最高峰の舞台で、ファンに納得の映像を出したテレビ局には感謝の思いしかない。

 私の現役時代といっても30年以上前だが、その時はセンターとバックネット裏の固定カメラが中心。ついにここまで来たのか……と思うと同時に、来年以降は大変だなと感じた。日本野球機構(NPB)は来季から大リーグで言う「チャレンジ」の日本版ともいえる「リクエスト」導入を決定したからだ。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック