謙虚さには「回転寿司が一番」!? 春風亭一之輔の持論 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

謙虚さには「回転寿司が一番」!? 春風亭一之輔の持論

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

謙虚さには「回転寿司が一番」!? 春風亭一之輔の持論(※写真はイメージ)

謙虚さには「回転寿司が一番」!? 春風亭一之輔の持論(※写真はイメージ)

 おなかが膨れてきたころ、自分の皿はどうなっているだろう。ちゃんと色分けされて積んであるか? 店員さんが勘定しやすいようになっているか? 今はピッとセンサーで数えられる店もあるが、全てがそうとは限らない。甘えてはならない。

 そして、回転寿司における一番の難関は、

「もう一皿なら食べられるんじゃないかな?」

 という自身に対する過信だ。

「もうやめといたほうがいいんじゃないですか……?」

 とは誰も言ってくれない回転寿司は、「欲望の魔窟」だ。おのれを律し、あくまで冷静に「お勘定お願いします」の一言が言えれば、マン・オブ・謙虚。

 腹八分目で勘定を払えた自分を褒めてあげたいが、自分を褒めたりしたらノー・謙虚。「最後の一皿分のお金はまた、次回に……」。これくらいの気持ちでいられればマスター・オブ・謙虚。

 謙虚の道は回転寿司にあり。安倍さんにもぜひオススメしたい。

週刊朝日 2017年12月1日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください!アーカイブもいろいろあります

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい