女性ばかりがたたかれる日本の不倫…辻仁成「あれは何だろう?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女性ばかりがたたかれる日本の不倫…辻仁成「あれは何だろう?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#不倫

辻仁成(つじ・ひとなり)/1959年、東京都生まれ。81年にロックバンド「ECHOES」を結成。89年「ピアニシモ」で第13回すばる文学賞を受賞し、作家デビュー。97年「海峡の光」で第116回芥川賞、99年『白仏』の仏語翻訳版でフェミナ賞の外国小説賞を受賞。『冷静と情熱のあいだ Blu』『右岸』など著書多数。映画監督や演出家としても活動している。2003年からパリ在住。17年4月から日本経済大学特任教授。近著に『エッグマン』。(撮影/写真部・岸本絢)

辻仁成(つじ・ひとなり)/1959年、東京都生まれ。81年にロックバンド「ECHOES」を結成。89年「ピアニシモ」で第13回すばる文学賞を受賞し、作家デビュー。97年「海峡の光」で第116回芥川賞、99年『白仏』の仏語翻訳版でフェミナ賞の外国小説賞を受賞。『冷静と情熱のあいだ Blu』『右岸』など著書多数。映画監督や演出家としても活動している。2003年からパリ在住。17年4月から日本経済大学特任教授。近著に『エッグマン』。(撮影/写真部・岸本絢)

エッグマン

辻仁成著1,728

978-4022514936

amazonamazon.co.jp

 息子さんとパリにお住まいの辻仁成さん。作家、ミュージシャン、映画監督などとして幅広く活動し、最近では自身初の料理小説『エッグマン』を上梓したばかりの辻さんが、作家・林真理子さんとの対談でフランス人の恋愛観を語ってくれました。

*  *  *
辻:日本に帰ってくるたびに、ニュースの視点が違うなと思うんです。外国で見ている世界と、日本で発信されている世界のニュースの見方がぜんぜん違う。「特派員はちゃんとニュースを送っているの?」と。

林:そうですか……。

辻:しかし、なんとか日本の素晴らしさを世界に届けたいし、日本の再生を願っています。そういえば、日本は不倫の報道がすごいじゃないですか。渡辺淳一先生の『エ・アロール』という本を思い出したんです。

林:ああ、『エ・アロール』を。

辻:「エ・アロール」は「それがどうしたの?」という意味で、ミッテラン大統領が有名にした言葉です。ミッテランに愛人がいることがスクープされて、記者団に囲まれて「愛人がいるんですね」と言われたときに「エ・アロール?」と言ったんです。「だから何なの。個人の問題でしょう」って。それがフランス人の不倫に対する考え方なんですよ。

林:昔、宇野宗佑さん(元首相)が愛人にしていた神楽坂の芸者さんが、月々渡すお手当があまりにも少額だったと週刊誌にしゃべるわ、金はふんだくるわで、「この女の人、よくない」と私が言ったら、フェミニストの人に怒られました(笑)。

辻:そうでしたか。もう一つ、よくわからないのは、日本は男の人はたたかれないで、女の人ばっかりたたかれているじゃないですか。あれは何だろうと思って。

林:そうなんです。もっと言ってくださいよ。

辻:ベッキーが可哀想でした。ああいう戦略もあるのか、と(笑)。

林:ぜんぜん話が変わりますけど、「オールナイトニッポン」の歴史を見てたら、辻さんはパーソナリティーをなさってたんですね。

辻:そう。僕、やってたんですよ。

林:そのときはミュージシャン?

辻:そうです。「オールナイトニッポン」をやめた次の日に、すばる文学賞をもらったんです。

林:ちょっと、カッコよすぎる。

辻:僕、そのあと「パックインミュージック」もやってるんですよ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい