丸山茂樹 ゴルフの“ルーティンやりすぎ”に喝! (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 ゴルフの“ルーティンやりすぎ”に喝!

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

挑戦しないと分からないことがある(※写真はイメージ)

挑戦しないと分からないことがある(※写真はイメージ)

 ご両親ともすごく熱心な方でね。花奈ちゃんはご両親に最初の恩返しができたんじゃないかな。ご両親にとっては、支えてくれた周囲の方々への恩返しになっただろうし。みんながハッピーになった初優勝じゃないでしょうか。

 話は変わりまして、欧州ツアー(EPGA)はこのほど、来年の全豪オープンで「ショットクロック」を導入し、制限時間を超過した選手にはペナルティーが科されることになると発表しました。

 初めて1打ごとの制限時間が設定され、時間内に打たないと1打罰なんですって。最初に打つ選手が50秒以内、2人目からは40秒以内で、1ラウンドに2回までタイムアウトの権利があって、そのときは制限の2倍の時間が使えます。

 スロープレーが非常に問題視されてるご時世ですからね。20年ぐらい前かな、「ルーティン」という言葉がはやりだしました。打つ前のルーティンをやりすぎて、スロープレーにつながってるんです。これはやっぱり改善しないと。どこかが先駆けて、思い切ったことをやらなきゃいけない時期にきてましたから、この欧州ツアーの取り組みがいいきっかけになってくれたらと思います。

週刊朝日 2017年11月17日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい