綾小路きみまろの「恋人つなぎ」漫談 70代が不倫して… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

綾小路きみまろの「恋人つなぎ」漫談 70代が不倫して…

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日
綾小路きみまろ(あやのこうじ・きみまろ)/1950年、鹿児島県生まれ。拓殖大商学部卒。在学中にキャバレーの司会者を始め、その後、演歌歌手の専属司会者などとして活動。2002年、自作した漫談テープがきっかけとなり、CD「爆笑スーパーライブ第1集! 中高年に愛をこめて…」を発売し、オリコンチャート3位になり、「中高年のアイドル」と呼ばれる。近著に『綾小路きみまろ爆笑フォーエバー』『書きとりきみまろ』『しょせん幸せなんて、自己申告。』など。(撮影/写真部・岸本絢)

綾小路きみまろ(あやのこうじ・きみまろ)/1950年、鹿児島県生まれ。拓殖大商学部卒。在学中にキャバレーの司会者を始め、その後、演歌歌手の専属司会者などとして活動。2002年、自作した漫談テープがきっかけとなり、CD「爆笑スーパーライブ第1集! 中高年に愛をこめて…」を発売し、オリコンチャート3位になり、「中高年のアイドル」と呼ばれる。近著に『綾小路きみまろ爆笑フォーエバー』『書きとりきみまろ』『しょせん幸せなんて、自己申告。』など。(撮影/写真部・岸本絢)

「中高年のアイドル」、綾小路きみまろさんが作家・林真理子さんとの対談に登場。自然体で話されているのに、おっしゃる一言一言がおもしろくて、笑いが絶えない対談となったのでした。

*  *  *
林:そもそもきみまろさんは、バスでブレークしたんですよね。漫談を吹き込んだカセットテープをダビングして、それを高速道路のサービスエリアで観光バスの運転手さんとかガイドさんに配ったんでしょう?

綾小路:ブレークのきっかけでしたね。ブレークしてからは宣伝しなくてもよくなって、ショーのチラシを旅行会社に持っていけばいいという時代がずいぶん続きました。ところが、高速道路のバスの事故があったでしょう。あれからバスツアーは激減しました。中高年は怖がって乗らないし、バス会社としても運転手さん2人乗せないとダメという規則ができて、採算がとれないんですね。

林:そうなんですか。

綾小路:今は徐々に回復して、1台か2台は来てるみたいです。それと、前はみんな他県からわざわざ来てたので、たとえば宇都宮でバスが40台とか50台来ても、宇都宮の人はぜんぜん来てなかった。今は、宇都宮とか甲府に住んでいる地元の方が、来てくれるようになりました。

林:ブレークして15年たっても、きみまろさんの代わりの人が出てこないですよね。芸人さんは次から次に新しい人が出てきますけど、きみまろさんに続く人がいない。

綾小路:偉そうですけど、中高年はホンモノが好きなんです。いいものが好きなんです。ワインでも日本酒でもそうです。加えて、大変失礼だけど、古典落語みたいに長い話はダメなんです。じっくり聞けないんです、眠くなっちゃって(笑)。

林:ハハハハ。

綾小路:機関銃のように攻撃していかないと、1時間起きていられないんですね。

林:きみまろさんの芸は、若い芸人さんがマネしようとしてもできないから、あと30年はいけますね。

綾小路:いや、いけないです。体力的に無理です。

林:20年は。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい