手つなぎカップル調査で判明! やっぱり「一線は越えて」いる 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手つなぎカップル調査で判明! やっぱり「一線は越えて」いる

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木裕也週刊朝日#不倫#恋愛
〈2017年9 月30日、東京ディズニーランド周辺とお台場/10月3 日、渋谷で調査〉(撮影/倉田貴志)

〈2017年9 月30日、東京ディズニーランド周辺とお台場/10月3 日、渋谷で調査〉(撮影/倉田貴志)

 “恋人つなぎ”の不倫写真がスクープされたのに「一線は越えていない」だと? 週刊誌や写真誌に「証拠」を撮られた政治家やタレントは、それで「不倫ではない」と言い逃れるつもりだったのだろうが、それは甘い。深い関係になっていなければ、そんな親密な距離感にはならないはず! 実際に街に出て、手つなぎしているカップルを直撃してみると……この結果を見ても、一線を越えていないと言い切りますか?

【手つなぎカップルに直撃!調査結果はこちら】

 調査に回答してくれた手つなぎカップルの85.7%が、自分たちは「一線を越えている」と告白した。街の手つなぎカップルでこの数字だ。それが指を絡め合う“恋人つなぎ”だったら、もっと深い関係にあることは容易に想像できる。

 手つなぎ不倫現場をスクープされた政治家やタレントが、いくら「一線は越えていない」と強弁しても、多くのカップルがその言い逃れを信じていなかったことも、この調査で判明した。

 正直に関係を告白していたほうが、潔かったかもしれない。(取材・文/本誌・鈴木裕也)

◆2017年9月30日、東京ディズニーランド周辺とお台場/10月3日、渋谷で調査

週刊朝日  2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい