萩本欽一 大学で「試験を受けなくてもあげる」といわれた単位を断った? (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

萩本欽一 大学で「試験を受けなくてもあげる」といわれた単位を断った?

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
萩本欽一(はぎもと・きんいち)/1941年生まれ。東京都台東区出身。66年、坂上二郎とコント55号を結成。80年代は冠番組が軒並み視聴率30%を叩き出し、視聴率の合計が100を超えたことから、“視聴率100%男”と呼ばれた。現在、駒沢大学仏教学部に在学中(撮影/写真部・岸本絢)

萩本欽一(はぎもと・きんいち)/1941年生まれ。東京都台東区出身。66年、坂上二郎とコント55号を結成。80年代は冠番組が軒並み視聴率30%を叩き出し、視聴率の合計が100を超えたことから、“視聴率100%男”と呼ばれた。現在、駒沢大学仏教学部に在学中(撮影/写真部・岸本絢)

 そんな萩本さんの“モノ作り”への姿勢を克明にあぶり出した映画が誕生した。「We Love Television?」は、日本テレビプロデューサーの土屋敏男さんが、番組制作を口実に萩本さんに密着したドキュメンタリーだ。

「映画を撮っているなんて何も知らされてなくて、ポスター撮りの日に突然、『映画ができました』って。だから、自分の映画なのに、観てもいないし、観たくもないんだ(苦笑)」

 映画の中で、「視聴者っていうのはさ、“安定”が見たいんじゃない。創り手の“エネルギー”が見たいんだよ」と語っていた萩本さんは、76歳にしてなお、エネルギーの塊だ。(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい