ドラフトも? 東尾修「DeNAラミレス監督の思い切りの良さ」をほめる (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドラフトも? 東尾修「DeNAラミレス監督の思い切りの良さ」をほめる

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

ドラフト単独1位指名にも、DeNAラミレス監督(右)の思い切りの良さが反映したか(c)朝日新聞社

ドラフト単独1位指名にも、DeNAラミレス監督(右)の思い切りの良さが反映したか(c)朝日新聞社

 野球シーズンも佳境となった。今後はFAなど移籍話が活発化することになる。今年は大物がズラリと並ぶ。日本ハム大谷がポスティングシステム活用で、どの大リーグ球団に入るのか。メジャーリーガーもイチロー(マーリンズ)、田中(ヤンキース)の契約はどうなるか、ダルビッシュ(ドジャース)のFA移籍なども注目だ。

 日本はドラフト会議を経て、新しいスター候補生も入団してくる。11月には侍ジャパンの若手たちが、韓国や台湾と対戦する。若い選手にも大きな注目が集まるオフとなるだろう。

 ラミレス監督の采配ではないが、「常識」や「最低限」といった考えを持つと、スケールダウンになる。それを覆してあっと驚く選手が増えることを期待したい。

週刊朝日 2017年11月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい