ミッツ・マングローブ「進化も退化も感慨もなし。森高千里の『他人事』性の凄み」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「進化も退化も感慨もなし。森高千里の『他人事』性の凄み」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブさんが「森高千里」を語る

ミッツ・マングローブさんが「森高千里」を語る

ミッツ・マングローブ「進化も退化も感慨もなし。森高千里の『他人事』性の凄み」(※写真はイメージ)

ミッツ・マングローブ「進化も退化も感慨もなし。森高千里の『他人事』性の凄み」(※写真はイメージ)

 正直ド胆を抜かれました。30周年を記念して『全盛期のツアーの完全再現ライブ』という一歩間違えれば『戸惑いと失望の2時間』にもなり兼ねない超リスキーな企画だったにもかかわらず、あの独特な声質はおろか、スタイルや表情、リズムの刻み方からMCの空気感まで何ひとつ変わっていない。むしろ昔以上に声量がある分『130%森高千里』。歳をとっても声が衰えない歌手はたくさんいますが、多少なりとも節回しが変化したり、歌う姿に貫禄が出たりするものです。しかしながら森高さんの場合、頑張ってる感はおろか、照れや懐かしさに耽るといった感慨に頼ることも一切なく、終始『森高然』としたまま25年前と寸分違わぬ『再現』をしてみせる凄さといったら、他人事ながら私の方が恐ろしくて膝が震えるほど。

 そう。“森高千里”というのは、昔からどこか『他人事』みたいに歌っている人でした。自作の歌詞に描かれる世界観も『等身大』や『フィクション』というよりも、あくまで『他人事』。作詞やドラムを叩くことで見えた気になっていた『歌手としての自我』も、実はその裏に横たわる『他人事』という“森高”の性(さが)をダダ漏れにさせないための隠れ蓑だったのかもしれません。まさに正真正銘のコンセプト・アイドルにして、時間や感情に流されない超職人。きっとAIやボーカロイドなんて屁でもないでしょう。何より会場を埋め尽くしていた往年の男性ファンたちの熱狂ぶりがそれを証明していました。熟年女性アイドルのコンサートにはあり得ないノンケ男性率の高さでした。彼らは何の躊躇も憂慮もなく、ただひたすら“森高”のかわいさと、当然の不変性に歓喜し夢中になっていたのです。私も当時は普通の男子然としていたので、あまりに変わり果てた自分の姿に唖然としながら、“森高”の『他人事ワールド』に身を任せた2時間でした。

週刊朝日 2017年10月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい