「偏向マスコミは日本から出て行け」と罵声が飛び交った安倍首相の”トラウマ”秋葉原演説の舞台裏 (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「偏向マスコミは日本から出て行け」と罵声が飛び交った安倍首相の”トラウマ”秋葉原演説の舞台裏

このエントリーをはてなブックマークに追加
因縁の秋葉原で10月21日夜、街頭演説をした安倍首相(撮影・今村拓馬)

因縁の秋葉原で10月21日夜、街頭演説をした安倍首相(撮影・今村拓馬)

秋葉原の演説会場で日の丸をふって安倍首相に声援をおくる人たち(撮影・今村拓馬)

秋葉原の演説会場で日の丸をふって安倍首相に声援をおくる人たち(撮影・今村拓馬)

「菅義偉官房長官や麻生太郎財務相らにより、引き続き安倍政権で改憲を最優先に北朝鮮有事対応にあたることがすでに確認されました。22日の投開票日には保守系無所属で勝ちあがるとみられる3人の追加公認を決定する。選挙後、あまり間をおかずに二階俊博幹事長に『安倍3選』をアナウンスさせて、安倍政権続投の流れを決定づける段取りがつけられています」  

 しかし、現場に来ていた自民党支持者の49歳の男性会社員は本誌の取材に対し、こう話した。

「安倍首相も小池百合子氏も保守ではない。北朝鮮対応で安倍さんは随分と勇ましいこと言ってましたが、アメリカに媚びへつらっているようにしか見えません。安保法制、共謀罪も真摯な議論は出来ていないし、中身にも反対です。景気だって全く良くなってませんよ。だから、僕は今回は立憲民主党に投票するつもりです」

 安倍官邸が描くのシナリオ通りの結果が明日、出るのだろうか。

(本誌・村上新太郎、小泉耕平) 

週刊朝日 オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい