春風亭一之輔が「ビデオボックス」のキャッチコピーを絶賛する理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

春風亭一之輔が「ビデオボックス」のキャッチコピーを絶賛する理由

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です。

春風亭一之輔が「ビデオボックス」のキャッチコピーを絶賛する理由(※写真はイメージ)

春風亭一之輔が「ビデオボックス」のキャッチコピーを絶賛する理由(※写真はイメージ)

「いやいや、お前なんか眼中にないし(笑)」「俺のこと意識してたんだー(笑)。なんかそんな気してたわー(笑)」とか、想像しただけで顔が赤くなりますわ。その人のファンから「そらないわー(呆)、ランクが違うし!」とか「お前にライバルとか言われると私の○○が同格と思われるからやめて(怒)」と嫌がられるのも癪だしね。そんな心配してる時点でライバルって言っちゃダメなんだなぁ。

 精神衛生上、ライバルなんて思っていても口にしないで黙ってるに越したことなしですね。

 某ビデオボックスさんには偉そうに言っておきながら、申し訳ない。してみりゃ『ホテルがライバル!』まで言えるってスゴいことなんじゃないですか?「とりあえず言ってみた感」とか言ってごめんなさい。あんた、偉いよ! 頑張ってるよ!

 そんな自分の無力さを、ビデオボックスのソファベッドに寝そべって改めて思い知りました。立派な革張り風じゃないか。俺みたいな人間にとってみれば、京王プラザのスイートルームだ。ていうか、6本までDVDを貸してくれる高級ホテルがどこにあるかってんだ!?

 俺もいつか『◯◯がライバル!』と明日に向かっていけるように頑張る。と誓いながら、寝返りを打ち屁をひとつ。臭いこもるなぁ、ビデオボックス。

週刊朝日 2017年10月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください!アーカイブもいろいろあります

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい