男性にもオススメ! 古い角質を落とし保湿できる“メイク落とし”

連載「楽屋の流行りモノ」

「ビフェスタ クレンジングローション」シリーズは、メイク落としから化粧水まで1 本でOKのすぐれもの。「コントロールケア」「ブライトアップ」「モイスト」「エンリッチ」の4種類。大人のニキビ・肌荒れを予防するコントロールケアは医薬部外品。本体1000円(希望小売価格、税抜き)、つめかえ750円(同) 。全国のドラッグストア、ホームセンター、スーパー等で発売中。
拡大写真

「ビフェスタ クレンジングローション」...

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、マンダムの「ビフェスタ うる落ち水クレンジングローション」について。

【写真】山田美保子さんが紹介するクレンジングローション

*  *  *
 男性アイドルや俳優はもちろんだが、お笑い芸人や文化人らも、テレビ出演の際にはメイクをしている。

 それは女性出演者が使うようなハイビジョン専用のクリームタイプではなく、昔ながらのコンパクト入りやスティック状のドーランを一塗りして「以上」という人が多いように見受ける。

 その昔、「女性はなぜ、こんなモノを塗ったまま食事ができるのだろう」と口紅に疑問を呈していたのは西城秀樹。アイドル時代のコントで口紅を塗って女装をしたときの話である。

 それに似て、ドーランを塗ることに抵抗を示す男性芸能人や文化人も少なくないが、「お願いだから、塗って」というのがメイクさんや番組スタッフの本音。ハイビジョンを通り越して、4K、8Kなどで老いてシミだらけのスッピンを映された日には、視聴者とて「塗って」と言いたくなるだろう。

 なかには「塗りたくない」が通ってしまう大物も居るには居るのだが、番組スタッフは正直なところ「塗って」と思っている。

 果たして、多くの男性出演者は渋々塗っているのだが、出演が終わると我先にメイク室へ行ってドーランを落としている。

 その際、使われているのが「ビフェスタ うる落ち水クレンジングローション」。ポンプ式のボトルからコットン1枚あたり3~4プッシュ含ませて顔をふくと、ドーランがキレイに落ちるうえ、しっとり保湿までしてくれるという、“ふきとりクレンジングローション”の大ヒット商品。

 洗顔いらずというのも、これから寒くなる季節には「助かる」と、一般女性にもおなじみのモノなのだが、実はこれ、「マンダム」の製品なのである。

 ある年代以上にとっては、チャールズ・ブロンソンが「う~ん、マンダム」とキメたテレビCMでおなじみ。

 年配のメイクさんも「これ、『マンダムなんですよ~』と話すと、『へ~、そうなの?』と抵抗なく使ってくれる男性出演者が多い」と満足気だ。

 低刺激処方、無香料、無着色、オイルフリー、アルコールフリーなうえ、「アレルギーテスト・パッチテスト済み」。すべての人にアレルギー・皮膚刺激が起こらないわけではないとはいえ、肌質をほとんど選ばないのは、メイク室でもっとも助かる特徴でもある。

 メイクのみならず、古い角質も落として透明感を出してくれるというのは、日々、あまり肌のお手入れに熱心ではない男性にもオススメ。「う~ん、マンダム」のポーズを久々にとりたくなること間違いナシだ。

週刊朝日 2017年10月6日号

続きを読む

この記事にコメントをする
山田美保子

山田美保子

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック