鈴木亮平「大河『西郷どん』が終わってからが本当のスタートなのかもしれない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木亮平「大河『西郷どん』が終わってからが本当のスタートなのかもしれない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
鈴木亮平(すずき・りょうへい)/1983年生まれ。東京外国語大卒(英語専攻)。2006年デビュ。代表作に、朝の連続テレビ小説「花子とアン」(14年)、映画「HK /変態仮面」(13年、16年)など。18年の大河ドラマ「西郷どん」では主役の西郷隆盛役(撮影/写真部・大野洋介)

鈴木亮平(すずき・りょうへい)/1983年生まれ。東京外国語大卒(英語専攻)。2006年デビュ。代表作に、朝の連続テレビ小説「花子とアン」(14年)、映画「HK /変態仮面」(13年、16年)など。18年の大河ドラマ「西郷どん」では主役の西郷隆盛役(撮影/写真部・大野洋介)

 すぐれた戯曲はかならず普遍性を持つ、という持論を裏付ける例として、レオナルド・ディカプリオ主演の映画「ロミオ+ジュリエット」を挙げた。シェイクスピアの原作から、大幅に時代設定を変えながら、でもだからこそ若者の持つ焦燥感、グループ間の抗争、恋愛と友情など、いつの時代も変わることないリアルが胸に迫った。何度も何度も見返したくなる、大好きな映画になった。

 語学が堪能で、博識で、勉強家。さらにその知性に呼応する肉体も持つ鈴木さんは、俳優として快進撃を続けている。では、今自分は俳優人生のどの地点にいると位置づけているのだろうか。

「目標の3分の1は達成したかもしれないけれど、僕の中ではまだ始まったばかりのような気もしています。もしかしたら、大河が終わってからが、本当のスタートなのかもしれない。俳優にとって一番大事なことは、お客さんからの信用だと僕は思う。『あいつが出るなら、観てみよう』と、そんなふうに思ってもらえる俳優になるために、一作一作に全力を尽くすことしか、今は考えていないです」

週刊朝日  2017年10月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい