ミッツ・マングローブ「テレビらしさの最後の砦は歌手・中山秀征」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「テレビらしさの最後の砦は歌手・中山秀征」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ヒデさんの作るテレビには、かつて夢中になった様式美が・・・(※写真はイメージ)

ヒデさんの作るテレビには、かつて夢中になった様式美が・・・(※写真はイメージ)

 テレビというのは洗練されたら終わるメディアです。虚栄や見栄や誇張といった『カッコつけ』があるからこそ、全国の人たちがそこに夢を錯覚し、使い古された『様式美』があるからこそ、そこに習慣性や大衆性を見いだせる。時代が進み、もはやテレビの用途も変わってきているのかもしれませんが、私のような奇天烈な存在も様式美の上に成り立って初めて『日常』になる。

 ではなぜ中山秀征なのか? その鍵は歌手・中山秀征にあります。かつて『第二の吉川晃司』としてアイドルデビューしたヒデさん。今もって『アイドル歌手』という原点や主軸が、彼の『カッコつけ美学』に結びついていると推察できます。先日、50歳を記念してコンサートを行ったヒデさんですが、全身から溢れる『往年のアイドル像』。ザッツ様式美! このブレなさ加減こそ『性』であり、今やそれが当てはまるのは松田聖子か中山秀征だけと言えるでしょう。

 ヒデさんのデビュー曲『明日にONE WAY』(86年)を是非ご覧頂きたい。彼の唄う姿には、「東京は夢を掴める憧れの街」「ブラウン管は近くて遠い夢の箱」というテレビの本懐が詰まっています。実用性や責任ばかりを意識してないで、テレビはもっとカッコつけないと。

 SNSの方が虚像化するばかりじゃ、オジさん退屈です。

週刊朝日 2017年9月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい