ドン小西 豊田真由子議員のスーツに「不自然で演出くささがプンプン」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドン小西 豊田真由子議員のスーツに「不自然で演出くささがプンプン」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
豊田真由子(とよた・まゆこ)/1974年、千葉県生まれ。東京大学法学部を卒業後、厚生省(当時)に入省。米国ハーバード大学大学院で学び、理学修士を取得。2012年、公募で自民党から衆院選に立候補し、初当選。今年6月、秘書への「このハゲー!」などの暴言や暴行が報じられ、自民党を離党=9月18日、会見し、次期衆院選への出馬の意向を表明

豊田真由子(とよた・まゆこ)/1974年、千葉県生まれ。東京大学法学部を卒業後、厚生省(当時)に入省。米国ハーバード大学大学院で学び、理学修士を取得。2012年、公募で自民党から衆院選に立候補し、初当選。今年6月、秘書への「このハゲー!」などの暴言や暴行が報じられ、自民党を離党=9月18日、会見し、次期衆院選への出馬の意向を表明

 今年6月、秘書への「このハゲー!」などの暴言や暴行が報じられ、自民党を離党。9 月18日、会見し、次期衆院選への出馬の意向を表明した豊田真由子衆議院議員。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

*  *  *
 だいたい今どき、睡眠時間1~2時間で働いてくれる政治家なんて、この人以外いる? 世の中、体温低そうなヤツが多いもの。貴重な熱い政治家とも言えるよ。こういう人にはサボってる政治家の分まで働いてもらって、税金の元を取りたいところだけどね。

 あたしにも昔、この手の熱血漢の部下がいたけどさ、何を注意しても、これだけやってる自分に文句あっかというのが基本スタンス。反省なんてしないよね。彼女の会見にも、とりあえず形だけ謝罪ファッションをそろえましたっていう上から目線がミエミエだよ。

 髪を黒くして、眉毛も平らに。で、神妙な黒のスーツで一丁上がり。このスーツだって、慌てて買ってきた吊るしのものと見た。やつれたアピールで、大きめサイズを選んだのかもしれないが、それにしても袖丈が長いし、Vゾーンが深すぎだって。あまりにも不自然で、演出くささがプンプンだよ。いやいや、どっちにしても批判されるんだもん。ならいっそ、いつものピンクファッションとモンスターキャラで開き直ったほうが、よっぽど支持者を増やしたかも?

週刊朝日  2017年10月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい