オノ・ヨーコと混同されたことも 恋多き作家・桐島洋子 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オノ・ヨーコと混同されたことも 恋多き作家・桐島洋子

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐島洋子(きりしま・ようこ)/1937年、東京都生まれ。44年まで上海で暮らす。文藝春秋に9年間勤務し、フリージャーナリストとしてベトナムなど海外各地を巡る。70年、『渚と澪と舵』で作家デビューし、72年、『淋しいアメリカ人』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。未婚の母として3人の子どもを育てながら、メディアの第一線で活躍し、女性の新しい生き方を提示する。近著に『あなたの思うように生きればいいのよ』『媚びない老後』など。(撮影/工藤隆太郎)

桐島洋子(きりしま・ようこ)/1937年、東京都生まれ。44年まで上海で暮らす。文藝春秋に9年間勤務し、フリージャーナリストとしてベトナムなど海外各地を巡る。70年、『渚と澪と舵』で作家デビューし、72年、『淋しいアメリカ人』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。未婚の母として3人の子どもを育てながら、メディアの第一線で活躍し、女性の新しい生き方を提示する。近著に『あなたの思うように生きればいいのよ』『媚びない老後』など。(撮影/工藤隆太郎)

桐島:そうそう。クリスマスの彼は通産官僚で、何とか奥さんと別れて、私と一緒になろうと努力したんだけれどね。かなり堂々と付き合ってたので、スイスに飛ばされちゃったのよ。だから私はしょっちゅうスイスに行ったわよ。

かれん:私たちも連れていかれたな(笑)。

林:その方、ご存命ですか。

桐島:ううん、亡くなった。男は全滅です。

林:そのあと勝見さんとご結婚なさったんですね。私も勝見さんと親しくさせていただいて、上海、北京、バンクーバー、パリに連れていっていただいたのがいい思い出です。パリで素晴らしい体験をしたのは財産だと思っています。あんな下町、誰も連れていってくれませんよ。

桐島:勝見が案内したのね。パリも中国も、彼に任せるとぜんぜん違いますよね。

林:勝見さんは森羅万象、何でもご存じでしたよね。

桐島:いい相棒でした。でも、子どもたちとは相性が悪くてね。

林:離婚されてもずっと仲良くされて、偲ぶ会も桐島さんが全部仕切られましたね。別れた旦那さんと仲良くしているだけでも驚異なのに、「最後までいい仲間だったから」と。

桐島:そうそう。

林:昔、勝見さんに「桐島さんのどこにひかれたんですか」って聞いたら、「ホンモノは一目見ればわかるでしょう。僕は骨董屋だよ」って。

桐島:あ、ほんと? カッコいいこと言うわね。私より12歳も年下なんだから、ちゃんと看取ってくれるのかと思ったら、向こうが先にサッサと逝っちゃうんだから、ズルいわ(笑)。あなたのご主人、勝見が生きていたときはときどき遊びに来てくださったみたいね。

林:2人でおすし屋さんに行ったりしていたから、亡くなってすごくショックだったみたい。今にも勝見さんが「おう、来てたの?」とそこのドアから入ってきそうな気がします。

桐島:1年に1度でいいから、現れてほしいわ。

週刊朝日 2017年9月29日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい