「楽しみにしてたのに」30キロ減量の松村邦洋にドン小西が落胆! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「楽しみにしてたのに」30キロ減量の松村邦洋にドン小西が落胆!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
松村邦洋(まつむら・くにひろ)/1967年、山口県生まれ。大学生のときに出演したものまね番組で、ビートたけしらのものまねを披露し、チャンピオンに。88年にデビューすると、ものまねやリアクション芸でブレーク。テレビ、ラジオで活躍中=9 月13日、「ライザップ新CM発表会」で。約8カ月で30キロ減量し、シャープになった体を披露(撮影/写真部・東川哲也)

松村邦洋(まつむら・くにひろ)/1967年、山口県生まれ。大学生のときに出演したものまね番組で、ビートたけしらのものまねを披露し、チャンピオンに。88年にデビューすると、ものまねやリアクション芸でブレーク。テレビ、ラジオで活躍中=9 月13日、「ライザップ新CM発表会」で。約8カ月で30キロ減量し、シャープになった体を披露(撮影/写真部・東川哲也)

 9月13日、「ライザップ新CM発表会」で。約8カ月で30キロ減量し、シャープになった体を披露した松村邦洋氏。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックをした。

*  *  *
 彼はデビューの頃から知ってる。当時、ビートたけしさんが着てくれていた服を、あたしがデザインしたと知って、殿とおそろいのセーターください!って駆け込んできたのが最初だよ。暑苦しいっていうか、うっとうしいっていうか。決してカッコよくはないけど、何を着せても松村カラーに染まったのを覚えてるね。

 その彼がだよ。がんばって30キロも減量したっていうから、楽しみにしてたのにさ。誰だ? こんなフツーーの濃紺のスリーピースを着せたのは。今やファッション界でも、ブランドは話題を作ってナンボ。逆に手堅く無難な服を作ってるところは、衰退の一途なんだよ。

 せっかくそんな松村の時代が来たっていうのに、「やっとフツーのスーツが着られました」はないって。だいたいスリムなイケメンとか、会社員への憧れなんて、はなから持ってないだろう。そんなもんを超越したキャラだもの。ここは痩せたからこそ、ぶっ飛んだファッションで決めなくちゃ。そういえばこうして見ると、林家正蔵師匠にそっくりだよな。苦労してゴールが正蔵……おつかれさまでした!

週刊朝日 2017年9月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい