田原総一朗「私の安倍首相への提案の真相と、米国の『拒絶』」

 北朝鮮の脅威に晒されている日本。安倍晋三首相と会談したジャーナリストの田原総一朗氏はその内幕を明かす。

*  *  *
 7月28日の正午から、官邸で安倍首相と1時間以上会った。1階のホールでマスメディアの記者たちに問われて、「首相に、思い切って政治生命をかけた冒険をやらないかと提案したのだ」と説明した。

 その内容を記す。米国のトランプ大統領や中国の習近平国家主席、ロシアのプーチン大統領などと自由に話せる政治家は、日本には安倍首相しかいない。そして北朝鮮のミサイル連発により、下手をすると大戦争になりかねない危機が迫っている。

 だから、安倍首相が訪米してトランプ氏と会い、時間をかけて事態の切迫について話し、トランプ氏がどういう条件ならば金正恩委員長と対話できるのかをとことん問い、とことん説得する。最終条件ではなく、対話を始める条件だ。そして、トランプ氏が条件を示せば、次に習近平氏とプーチン氏に会う。韓国の文在寅大統領にも会う。説得が難しいのはトランプ氏であって、トランプ氏が条件を示せば、他の首脳を承諾させるのはそれほど難しくはない。そして日本を含む5カ国がそろったところで、安倍首相は北朝鮮に飛んで金正恩氏を説得する。つまり新たな6カ国協議を始めるのだ。

 このことを安倍首相に提案し、安倍首相はそれに強い関心を示した。8月3日に内閣改造が行われ、河野太郎氏が外相となった。そこで翌日に河野氏に会い、安倍首相への提案を話すと、河野氏は強い賛意を示し、8月17日にワシントンで行われた2+2でのティラーソン国務長官との個別会談で、メディアでは報じられなかったが、時間の大半を費やして新たに6カ国協議を設けることを説得したようだ。ところが、ティラーソン国務長官は承認せず、6カ国協議を拒んだという。河野氏は、懸命に説得したようだが、受け入れられなかったということである。日本の政府首脳は、米国の思惑がつかめなくて困惑しているようである。

本文を読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック