ミッツ・マングローブ「恋愛真打・斉藤由貴に試される自問自答力」

アイドルを性せ!

ミッツ・マングローブ

2017/08/30 16:00

 会見での由貴ちゃんを観て感じませんでしたか? 不親切な『ひとり反省会』を繰り広げながらも明快な役作り(少しはだけた白いワンピースと無造作にくくられた髪の毛)。どう見てもあれは『抑えきれない情に走った主婦』という設定でしょう。もしくは「私だって、ホントはこんな上っ面な嘘はつきたくないけど……」という、彼女ならではのバカ正直な歯がゆさの表れ。はたまた「これぐらいあからさまな格好を見せれば、却ってカムフラージュになるかも?」という作戦? それでもまだ『一線越えたか否か』だの『恋人繋ぎはアリかナシか』などと言っている人たち、それは野暮ってもんです。

 J−POPの歌詞もしかり、とにかく世の中『答えとハウツーと自己主張』だらけ。今一度、由貴ちゃんの名曲『卒業』を聞いてみて頂きたい。♪卒業しても友だちね それは嘘ではないけれど でも過ぎる季節に流されて 逢えないことも知っている♪ 他人に説明責任ばかりを求めていないで、この混沌・漠然とした自問自答力、もしくは自己解決力をもっと磨かないと。

 だいたい、他人様の倫理をあれこれ言う前に、どうしてみんな歩きスマホをやめないかの方が不思議です。ここでは「だって、みんなやってるし」という自問自答が通用しているのですから。

週刊朝日 2017年9月1日号

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • やっぱり一線は超えていた斉藤由貴 不倫を謝罪 活動自粛せず、写真流出は警察に相談

    やっぱり一線は超えていた斉藤由貴 不倫を謝罪 活動自粛せず、写真流出は警察に相談

    週刊朝日

    9/11

    斉藤由貴 3度目の“不倫”会見の貫禄 ノホホン釈明で夫はショック倍増?

    斉藤由貴 3度目の“不倫”会見の貫禄 ノホホン釈明で夫はショック倍増?

    週刊朝日

    8/3

  • もって3カ月?不倫認めた斉藤由貴夫婦の行く末

    もって3カ月?不倫認めた斉藤由貴夫婦の行く末

    週刊朝日

    9/14

    小室騒動で不倫の潮目変わった?大竹しのぶをいなした斉藤由貴のすごい貫禄

    小室騒動で不倫の潮目変わった?大竹しのぶをいなした斉藤由貴のすごい貫禄

    週刊朝日

    2/9

  • 三度の不倫報道でも消えない 斉藤由貴に世間が優しいのはなぜか?

    三度の不倫報道でも消えない 斉藤由貴に世間が優しいのはなぜか?

    dot.

    8/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す