6番目のAKB姉妹グループ「STU48」、デビューシングル発売延期の裏事情

太田サトル週刊朝日
 瀬戸内海沿岸の7県を拠点に活動するSTU48が、メジャーデビューシングルの発売を11月1日から来年1月末に延期した。

 秋元康プロデュースのAKB48の姉妹グループで、新潟が拠点のNGT48に続いて国内6番目。「1つの海と7つの県を股にかける広域アイドルグループ」として注目されていたが、何があったのか。

 デビューに向けた活動はこれまで順調に進んできた。オリジナル曲「瀬戸内の声」のミュージックビデオが公開され、夏に開催されたアイドルイベントにも出演。そんななかでの延期の理由は、「船上劇場」が完成していないこと。瀬戸内海の主要港をめぐる船のなかで歌やダンスを公演するのが、グループ最大のウリだった。

 STU48の公式ウェブサイトによると、
〈造船会社を含む関係会社とは打合せを重ねてはおりますが、現状、まだ船上劇場を発表できる段階ではなく、メジャーデビューするタイミングとして適当ではないと判断しました〉
という。

 グループのキャプテンをつとめる岡田奈々も自身のツイッターで、
〈楽しみにしてくださっていた皆様には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです〉
と“船出”の遅れを謝罪した。

 9月末からの瀬戸内7県の「地上」でのホールツアーは予定通り実施する。では、船上劇場が完成しないことが、なぜデビュー延期につながるのだろうか。

「AKB48をはじめとする48グループは、『会いに行けるアイドル』というコンセプト。定期公演を行う拠点の劇場を核に活動して、ファンとの絆を深めて人気を集めてきました。48グループにとって、劇場はとても重要視される場だからではないでしょうか」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック