丸山茂樹「ゴルフは飛んでナンボの時代に」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、松山英樹選手の優勝で幕を閉じた米PGAツアーの世界選手権シリーズ最終戦から、最新のゴルフ事情を語る。

*  *  *
 いやあ、圧巻でした。松山英樹(25)が米PGAツアーの世界選手権シリーズ最終戦「ブリヂストン招待」(8月3~6日、米オハイオ州アクロンのファイヤーストーンCC)で逆転優勝を飾りました。2011年にアマチュアの大学生としてマスターズに出てから、ちょうど米ツアー100試合目ですか。節目に5勝目なんて、やりますね。

 トップに2打差の4位で最終日を迎えました。スタート前のウォーミングアップは最悪だったそうで、出だしの1番でティーショットを左へ曲げたんですが、しっかりリカバー。2番でイーグルを奪うと、もう止まらない。1イーグル、7バーディーの61。13年にタイガー・ウッズ(41)がつくったコースレコードに並びました。

 英樹はアイアンの切れ味やショットのクオリティーは抜群ですから、僕はずっと「パットが入りゃ、いつでも勝てますよ」って言ってました。今回はパターをマレットに変えたら調子よくなったみたいで、ポンポン入りましたね。

 ファイヤーストーンっていうゴルフ場は7400ヤードでパー70ですから、昔はとんでもない難コースだったんですけど、みんな飛距離が出るようになって、すっかり様子が変わっちゃいましたね。

 僕は1999年にここで6位になって、米ツアーのカードがとれた。思い出深い試合なんですよ。タイガーがここでめっぽう強くてね。8勝してるんですよね。毎回異次元のようなゴルフをして、4打差とか7打差とか、そんな勝ち方をしてました。僕なんかは彼の優勝ばっかり見てきたんで、「このコースはタイガー以外は勝てないのかな」と思ったぐらいで。それぐらい周りの選手との差があったんですけど、もはや道具がよくなってすごく飛ぶんで、あのころのタイガーのプレーをみんなができてるって感じです。

 完全に空中戦ですよ。飛ばして寄せて、パターが入ったもん勝ち、みたいな。ほとんどのティーショットが300ヤード超えてるっていうね。どんな時代ですかね、ほんとに。ゴルフのだいご味は完全に飛距離になっちゃいました。「パットイズマネー」なんて言われましたけど、もう「ドライバーイズマネー」ですね。

 英樹は「いつとんでもないミスが来るのか不安だった」ってコメントしてますね。それぐらいでいいんだと思います。今回は笑顔も出てましたもんね。メジャーのときは100%にこだわりすぎてるんじゃないですか? 完璧な自分に。今回みたいに不安のあった方が逆に神経をつかって、いい方向に向かってるんじゃないかな。あのジャック・ニクラウスでさえ、「完璧なショットは1日に2回しか打てない」と言うのがゴルフです。2回打てたら最高だっていうスポーツです。だからこそ一球一球大事にいって、それがいい方向にいったんじゃないかと思いますけどね。

 最後に。僕の長男の奨王(ショーン)(17)が米国選抜と世界選抜の対抗戦「ジュニア・プレジデンツ杯」(9月25~26日)に出場することになりました。

 大会の出場メンバーに選ばれたのは、ものすごく光栄なことで、本人も喜んでやる気になってます!

週刊朝日  2017年9月1日号

続きを読む

この記事にコメントをする
丸山茂樹

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック