ドラマ「カンナさーん!」で渡辺直美の“膝”が心配される理由とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドラマ「カンナさーん!」で渡辺直美の“膝”が心配される理由とは?

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 息子の保育園の父親参加イベント「パパフェス」には夫の代理で参加。しかし、たった一人の女に向かって、全力でドッジボールをガンガンぶつけるパパたち、なんなの。豪速球を肉体クッションで見事に受け止めるカンナさんが頼もしい。勝利を決めて巨体を胴上げされ大団円かと思いきや、ここから怒涛の展開だった。

 息子を乗せ、自転車で帰る途中に転倒。気を失う息子。病院で大事ないとわかりホッとしたのもつかの間、なぜかどしゃ降りの中、自転車を取りに行くカンナさん。そこで捜しに来た夫と出会い、「私はいつも笑えてないとだめなんだ」と離婚を告げ号泣って、もはや全然コメディーじゃない。

 これ、直美の明るい存在感と身体のキレがあるからまだ心穏やかに見てられるけど、もしも他の女優だったらどうなっていたのか。力まかせにドッジボール投げつけられ、自転車転倒、膝ボロボロ、ずぶ濡れで離婚するって不憫(ふびん)のオンパレードに、そっとテレビの電源切ってしまいそう。

 まさに直美のボリュームあってこそのドラマ。ただ初回から保育園でダンス、ドッジボール、自転車こぎからの転倒と、酷使されまくってる直美の膝が、最終回までもつのか心配。

週刊朝日 2017年8月4日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい