AERA dot.

初対面の義父を呼び捨て! 岩崎宏美が見せた下町パワー

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

(左)岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/1958年、東京都生まれ。75年、「二重唱(デュエット)」でデビュー。2作目「ロマンス」で日本レコード大賞新人賞を受賞。82年、「聖母たちのララバイ」で日本歌謡大賞を受賞。2017年4月公開のディズニー実写映画「美女と野獣」ではポット夫人の吹き替えを行った。最新シングル「絆」発売中。8月16日にはアルバム「Hello! Hello!」を発売。9月からはコンサートツアー「Hello! Hello!」を開催する。(撮影/鈴木芳果)

(左)岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/1958年、東京都生まれ。75年、「二重唱(デュエット)」でデビュー。2作目「ロマンス」で日本レコード大賞新人賞を受賞。82年、「聖母たちのララバイ」で日本歌謡大賞を受賞。2017年4月公開のディズニー実写映画「美女と野獣」ではポット夫人の吹き替えを行った。最新シングル「絆」発売中。8月16日にはアルバム「Hello! Hello!」を発売。9月からはコンサートツアー「Hello! Hello!」を開催する。(撮影/鈴木芳果)

妻:しかもエープリルフールですよ。どっちに転んでもいいようにね?

夫:そんなことはないです。その前から、二人で結婚の話はしてたでしょ(笑)。でも僕からちゃんと言うべきかなと思って、頼んでいた指輪ができたのが3月31日だったんです。

妻:そうだったんだ。でも、プロポーズの言葉が全然聞こえなかったんですよ。3匹いる犬たちがワンワンほえまくって。

夫:アハハハハ。

妻:私を椅子に座らせて「目をつぶってください」と言って、プロポーズするためにひざまずいたんでしょ? 犬たちはきっと、今ちゃんが私に何かすると思ってほえたのよ。あのとき何て言ったの?

夫:これまでどおり変わらず仲良くやっていきましょう、みたいなこと。

――2009年の昭和の日。お互いの誕生日にちなんで夜11時12分に婚姻届を受理してもらった。

妻:結婚しても生活は何も変わりませんが、精神的に本当に元気になって、人としてまともになりました。私は、16歳で芸能界に入って歌のキャリアだけは長いけれど、世間知らずで非常識なところがあるので、何でも知っている、まともな今ちゃんには、本当に感心することばかりです。

夫:下町気質はパワーアップしたんじゃない(笑)。人との壁を乗り越える力はすごいですからね。

妻:友だちも多いものね。息子たちとも成人してから自由に会えるようになりました。今ちゃんは年も近いし頭もいいし、わからないことは何でも聞いているみたいです。昨日も長男が泊まりに来たのよね。

夫:みんなでテニスの錦織(圭)くんの試合をテレビで応援してました。

妻:何でも言いたいことを言い合える仲ですが、私、怒ると怖いんですよ。

夫:頭から湯気出てますから。

妻:今ちゃんが酔っ払って帰ってきたとき、どんだけ顔に落書きしたことか。

夫:床で寝てると、顔にいろんな落書きをされます。しかも油性ペンで(笑)。それを僕の友だちにメールしたり……。

妻:ハハハハ。

夫:ケンカしたときは基本、僕は黙ります。

妻:今ちゃんが怒ると、どんどん敬語になる。「違いますよね。それはこうじゃないですか?」とか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加