現実逃避さえ面白い! 春風亭一之輔が家族に宣言したこと (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

現実逃避さえ面白い! 春風亭一之輔が家族に宣言したこと

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
「今日はお稽古をします!」 と声高らかに宣言しましたが・・・(※写真はイメージ)

「今日はお稽古をします!」 と声高らかに宣言しましたが・・・(※写真はイメージ)

「これから、いよいよ稽古すっから話しかけないよーに……」

 と言ったそばから次男が、

「パパ、髪伸びたね!」

「あ、床屋さんに……」

〈噺を覚える<こざっぱりした頭で高座に臨む芸人の美意識〉と思い込む努力をしながら、バリカンを当てられ、蒸しタオルに身をゆだねる。

 帰宅。午後5時。

「いよいよ稽古……、久々にパパがカレーでも作ろうかな!」

 思わぬ言葉が口をつきます。父の現実逃避とは知らず(妻と長男は気づいている)子供たちは「やったーっ!!」と歓声。

〈噺を覚える<子供たちの期待に応える父の威厳〉と思い込む努力をしているうちに、カレーができあがり、なぜかビールを飲んでいる自分。

 気づけば、明くる日。

「あの噺、やろうと思ってたけど中途半端なモノをお客様に聴かせるわけにはいかないよな。よし、ここは勇気ある撤退だ。来月までに稽古しておこう!!」

 そんなこんなで1月から先延ばしになってる噺がいくつかあるのです。

 国民の皆様に誤解を招く恐れがあるのでことわっておきますが、私はやる気がないわけではございません。これからも一層の緊張感をもって職責を果たし、職務に邁進していく所存であります。

 お盆明けたら稽古しよう。

週刊朝日 2017年7月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください!アーカイブもいろいろあります

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい