北原みのり「松居一代が堕ちた罠」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「松居一代が堕ちた罠」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
松居一代氏の「壊れ方」に、日本の多くの女性が味わっている葛藤が見えると北原みのり氏は主張する(※写真はイメージ)

松居一代氏の「壊れ方」に、日本の多くの女性が味わっている葛藤が見えると北原みのり氏は主張する(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、夫の不倫を告発する動画を投稿し続ける松居一代氏の「壊れ方」に、日本の多くの女性たちが味わっている葛藤が見えると主張する。

*  *  *
 テレビをつけたら「恐ろしいことがおこったのです」と怪談調で語りかけてくる松居一代と毎日のように目が合ってしまう。蛇ににらまれた蛙のように動けなくなっていると、突然「違うだろーこのハゲー!」が流れてきて、「最近、切れる女性が増えています」と唐突に「社会問題」が語られたりして、ここ最近のテレビはまるで松居・豊田に乗っ取られているようだ。という私も松居・豊田のことが、何故か頭から離れず、日に数回は彼女たちのことを考えてしまう。特に松居一代の「壊れ方」は、この国で「女」を生きることについて考えずにはいられない。

 華やかな顔立ちのセクシータレント・女優として仕事をしていた20代、2度目の結婚で芸能界きっての名門に“嫁ぎ”、完璧な“妻”として存在感をアピールしてきた。その彼女がネットを駆使して日本中に呪詛を吐き散らしている。フツー、「なぜあの人が? なぜこんなことに?」と解せない気持ちになるべきだと思うのだが、なぜだろう、松居一代の40年前から今ここ、というのが、不思議に違和感がなく一本の線でつながっているように見えてしまうのだ。そしてそれは松居一代の特殊さというより、多かれ少なかれこの国の女たちが当事者として味わっている葛藤だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい