蛭子さんも「夢がなくなる」と嘆くパチンコ規制 カジノ解禁の余波? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

蛭子さんも「夢がなくなる」と嘆くパチンコ規制 カジノ解禁の余波?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
自他共に認めるギャンブル好きの蛭子能収さん (c)朝日新聞社

自他共に認めるギャンブル好きの蛭子能収さん (c)朝日新聞社

今回の規制強化でパチンコホールの経営環境は厳しくなりそうだ (c)朝日新聞社

今回の規制強化でパチンコホールの経営環境は厳しくなりそうだ (c)朝日新聞社

 北海道警察の裏金問題を告発した元道警幹部で、『警察捜査の正体』の著者の原田宏二さんは、

「出玉制限は小手先の施策で、ギャンブル依存症は防げない。問題の根底であるパチンコの景品交換を取り締まって、換金できないようにすべきだ。カジノについては、警察の新たな利権になる可能性がある」

 と指摘する。

 警察にとっては、天下り先のパチンコ業界が縮小しても、カジノという新たな利権が手に入ればいいのかもしれない。

 カジノについて蛭子さんは、

「今度マカオに遊びに行くつもりです。好きなんですけど、とにかく長くいると負けてしまう。だから短期決戦。勝ったところでやめることを徹底すれば、意外と勝てる」

 と、いまも海外で楽しんでいる様子。

 カジノが実際に解禁されれば、パチンコ業界への風当たりはさらに強まるとみられる。結局、負け組は、大勝ちの夢が消えても打ち続けるファンということだろうか。

(本誌・大塚淳史)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい