胸毛にビキニに紫の雨……プリンスのベストと言えば? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

胸毛にビキニに紫の雨……プリンスのベストと言えば?

連載「知新音故」

プリンス(写真:Larry Williams)

プリンス(写真:Larry Williams)

プリンス&ザ・レヴォリューション『パープル・レイン DELUXE』(ワーナーミュージック WPCR―17821/2)プリンス&ザ・レヴォリューション『パープル・レイン DELUXE―EXPANDED EDITION』(同 WPZR―30757/60)

プリンス&ザ・レヴォリューション『パープル・レイン DELUXE』(ワーナーミュージック WPCR―17821/2)
プリンス&ザ・レヴォリューション『パープル・レイン DELUXE―EXPANDED EDITION』(同 WPZR―30757/60)

 昨年4月21日のプリンス急逝のニュースは世界中に衝撃をもたらした。訃報が伝わると、多くのミュージシャンのみならず、オバマ前米大統領も追悼の意を表した。その後の記事で、映画『パープル・レイン』が再上映されたほか、ブルース・スプリングスティーンやビヨンセがコンサートで「パープル・レイン」をカバーしたことを知った。プリンスといえば「パープル・レイン」なのだ。

 プリンスがアルバム『フォー・ユー』でデビューしたのは1978年。私のプリンス初体験もそのアルバムだ。続く『愛のペガサス』では、胸毛が覗く上半身裸姿のカバー写真に驚きつつ、独特のファルセット・ヴォイス、シンセやキーボード、ギターのロック・センスに打ちのめされた。

『ダーティ・マインド』のジャケットでは黒いビキニ・パンツ姿を披露。『戦慄の貴公子』に封入されたポスターでも、シャワー・ルームでビキニ・パンツ姿でポーズをとっていた。エスカレートしていく露出趣味に目を見張りながら、自作自演によるソウル/R&B、ファンクにロックやポップ・センスが混在した斬新な音楽性に惹かれたものだ。もっとも、後期には関心をなくしたこともあったが。

 そんな私がベスト・アルバムを選ぶとすれば『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』に『パレード』。もう1枚挙げるなら、やはり映画『パープル・レイン』のサントラ盤だ。プリンスがザ・レヴォリューションを率いて制作した最初のアルバムであり、多彩で幅広い音楽性、しかも革新性とポップな側面を併せ持った傑作である。

 このほど発表された『パープル・レイン DELUXE』(CD2枚組)は、生前にプリンス自身の監修でリマスタリングされ、2014年に発表を予告されながら延期されていた映画公開30周年記念盤と、未発表音源などを収録している。

 まず、リマスタリングされた『パープル・レイン』の鮮明な音像に驚いた。プリンスにとって初の全米ナンバー1・シングルとなった「ビートに抱かれて」。ソウル/ファンク作品では不可欠なベースはなし! パーカッシヴなリズムとシンセサイザーをバックにした簡素で意表を突く画期的な構成や、起伏のないメロディーながら、プリンスの生々しい歌に耳を惹き付けられたものだ。

 もう1曲、ブギをベースにハード・ロック的なセンスを加味した「レッツ・ゴー・クレイジー」もナンバー1・ヒットに。さらに「パープル・レイン」「ダイ・フォー・ユー」「テイク・ミー・ウィズ・ユー」と、本作から5曲ものヒットが生まれた。もちろん、聴きものはそれらに限らない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい