ドンキ完売で話題の4Kテレビを記者が体感 その破壊力… (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドンキ完売で話題の4Kテレビを記者が体感 その破壊力…

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日

50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(写真:ドン・キホーテ提供)

50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(写真:ドン・キホーテ提供)

 一方、ジェネリックレグザという呼び方に、“本家”の東芝映像ソリューションは困惑気味だ。ネット上で言葉が一人歩きしてることもあって、6月17日にはホームページで「当社製デジタルボード搭載の他社液晶テレビについて」という説明を掲載。これらの液晶テレビの開発や設計、製造には関わっておらず、性能や品質を保証するものではないとしている。

 担当者は、

「確かにボードは供給していますが、レグザと同じではありません。レグザブランドには一定の基準を設けており、自社製のテレビでも、基準を満たさない場合はレグザとはつけておりません」

 としている。レグザブランドへのこだわりはさすがだ。

 今回のドンキの成功で、テレビの価格競争は一層激しくなるとみられている。メーカーや販売店は大変だろうが、かつては高嶺(たかね)の花だった50インチテレビを購入できた記者としては、素直に喜びたい。(本誌・大塚淳史)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい