北原みのり「『この、ハゲー!』で見えた階級とジェンダー」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『この、ハゲー!』で見えた階級とジェンダー」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原氏は、豊田真由子議員の暴言・暴行事件について、既視感があると語る(※写真はイメージ)

北原氏は、豊田真由子議員の暴言・暴行事件について、既視感があると語る(※写真はイメージ)

 私には、豊田氏と男性秘書のやりとりは、どこか既視感があった。3年前に「わいせつ物陳列罪」の容疑で検察の取り調べを受けた時のことだ。検事は女性で、検察事務官は彼女よりも年上(に見える)男性だった。6人が寝泊まりする留置場一部屋よりも大きい霞が関の一室で、ジャージ姿で腰縄をつけたままの私の目の前に、広い背もたれのある椅子にスーツ姿の検事が座る。検事の斜め横には事務官がいて、検事の口述をパソコンで打ち込んでいる。彼が打ち込んだものは同時進行で検事が見やすい位置に画面で表示されるのだが、私から見ても彼はタイピングが遅く、検事がイライラし、時に強い口調で叱責していた。例えば、「後悔」という言葉が出てきた時、画面を見た検事が「そっちじゃない!!」と声を荒らげた。おじさん、海に出ちゃったのかな~(航海)、と私はぼんやりと聞いていたが、縄でつながれていた私よりも、彼が「下」に見えてくるような力関係がその場に空気としてあった。後で検察組織に詳しい人に聞くと、検察は圧倒的な階級社会で、階級はジェンダーを当然超えるのだ、と教えてくれた。

 官僚出身の豊田氏は、おそらく「そのような」感覚を官僚時代に育てたのだろう。階級がものを言う社会。絶対的な上下関係で維持される組織、個の尊厳より上司の体面を守るための振る舞いが習慣として横行している職場。圧倒的な縦社会では、脅しや暴力が命令系統として意味を持つ。

 豊田氏をかばっているのではない。ただ、この人は、暴力関係に空気のように慣れている人なのだろう。そして、倫理なく、論理もなく、身勝手な暴論でやりたい放題の今の自民党政権が生んだ、とても安倍政権っぽい、象徴なのだと思う。

週刊朝日 2017年7月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい