総裁派閥の没落、新麻生派「志公会」が発足、加計や女性宮家めぐって官邸と火種も (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

総裁派閥の没落、新麻生派「志公会」が発足、加計や女性宮家めぐって官邸と火種も

このエントリーをはてなブックマークに追加
新派閥「志公会」を立ち上げた麻生太郎財務相。首相とは畏友関係とされるが…… (C)朝日新聞社

新派閥「志公会」を立ち上げた麻生太郎財務相。首相とは畏友関係とされるが…… (C)朝日新聞社

 内閣改造の最大の焦点とみられるのは、麻生氏と近く、ポスト安倍の筆頭候補とされる岸田外相の処遇だ。政治ジャーナリスト、角谷浩一氏は言う。

「岸田氏は幹事長になりたいが、周囲には『政調会長でもいい』と言っています。その場合、茂木敏充政調会長がバーターで外相就任の線もあるのでは」

 反主流派議員は語る。

「麻生派、額賀派や二階派、岸田派らの事務総長クラスがポスト安倍に岸田氏を念頭に置いた会合を重ねています。岸田氏はくみしやすく、話ができる。反安倍で挙党態勢が築ける。最近の安倍首相の言動に大いに不満を抱く二階氏は表では安倍続投と言い、裏では岸田擁立で絵を描いている」

 細田派の古参議員はこう本音を吐露する。

「支持率はもう二度と元には戻らないだろう。安倍1強はもう終わった。次の総裁選は総裁派閥・細田派だけで仕切れないだろう……」

 今後、政局のキャスティングボードを握るのは麻生氏かもしれない。(本誌 村上新太郎)

週刊朝日 2017年7月14日号より抜粋、加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい