北原みのり「『パパ活』のリスクと闇」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『パパ活』のリスクと闇」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加

パパ活も男の欲望を満たす“新しい風俗”では(※写真はイメージ)

パパ活も男の欲望を満たす“新しい風俗”では(※写真はイメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。援助交際に代わる言葉として登場した「パパ活」という言葉を取り上げる。

*  *  *
「あれは買春じゃない、エンコーだ」と言いはる男性がいた。若い女性とのセックスを金で得たあげく、オジサン側が「女性にいいことしてあげた感」を得られる「エンコー」って、いったいどういうマジックだよ、と驚いたものだ。

「パパ活」という言葉がある。女性が「パパ」(生活を援助する男性)を探す活動らしい。手垢のついた「エンコー」よりも、安全・安心・カジュアル感があるせいか、パパを探す女性、パパになりたい男性のマッチングサイトもある。

 試しにいくつかのサイトを覗いてみた。風俗業界もそうだが、こういうものは「女性向け」と「男性向け」の情報に裏表が激しいのが特徴だ。例えば風俗だと、「笑顔が素敵な女性が採用基準」「夢を叶えよう」「貴女を丁寧にサポート!」という言葉が並んでいるが、同じ店の男性向けの広告では「在籍女性はドスケベばかり」「やりたいように自由に責めまくれる」など激しさを強調するトーンが常だ。

 案の定、パパ活サイトも同じようなものだった。というか、風俗産業の勧誘と、それはとても似ている。女性を募集するページでは、普通の女性が普通にやっていることだから安心してね、男性はエロではなく一般常識や笑顔を求めてます、風俗じゃないからセックスはしなくていいです、この機会に中身を磨いて夢を叶えよう!と明るい調子だ。一方男性側のサイトでは、女性は容姿などでランク付けされ、セックスできることがそれとなく伝わってくる内容だ。妻以外の女性とセックスしたいが、風俗は空しい、だって僕はドキドキしたいし、若い女性に優しくされたいし、「パパ」と呼ばれてみたいんだもん、という男の欲望を満たす“新しい風俗”であることがわかる。

 この国の男は、いったいどこまで甘やかされたいのだろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい