室井佑月「次の一手の用意あるよね?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月「次の一手の用意あるよね?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
作家の室井佑月氏は野党の追及に不安を覚える(※写真はイメージ)

作家の室井佑月氏は野党の追及に不安を覚える(※写真はイメージ)

 解決したとは言いがたい加計学園問題。作家の室井佑月氏は野党の追及に不安を覚える。

*  *  *
 ひょっとして、有り難がれってか?

 6月9日、加計学園の獣医学部新設についての文書に関して、松野博一文部科学相が再調査を表明した。「官邸の最高レベルが言っていること」などと書かれていたアレよ。

 松野文科相はこういった。

「国民の声に真摯に向き合い、追加調査をする」と。

 安倍首相に申し入れたところ、「徹底した調査を速やかに実施するように」と指示されたんだって。

 ニュースでは、安倍首相の判断でそうなった、みたいに扱っているところもあった。

 馬鹿かっ!

 菅官房長官ははじめ、日時も登場人物もわからない「怪文書のたぐい」っていっておった。そしたら日時や人物が判明した。そして、「文書の存在を確認できない」といっていた文科省は、メールを送受信した人物名まであがると「同姓同名の人物はいるが……」と苦しい言い訳。

 でもって、その間になにがあったかというと、読売新聞を使って前川さんの人格攻撃。

 文書の再調査程度のことで、安倍首相さすが!ってなるわきゃないだろ。舐めるな!

 ……いいや、油断しちゃいけないんだよ。新国立競技場の見直しも、「安倍さんの一言でさすが!」ってな印象操作がなされたんだ。安倍さんのお仲間が調子こいて、値段がつり上がったっていうのに。安倍さんはそれを身近で見ていて、黙っていた人である。

 こうなったら、野党の徹底追及に望みを託すよりほかない。ここんとこ国会中継を見ていると、自由党の森姐こと、森ゆうこさんがイカしてる。みんな、あのくらい真剣に怒ってよ。衆議院で共謀罪法案が思ったよりすんなり通ったのは、夕方から自民党の細田派のパーティーが行われるという大人の事情があった、なんて噂もある。どうせ数の力には勝てないし、なんて考えているんじゃないだろうな。

 あたし程度の女だって、失うものを考えながら、大手新聞の名前をあげて批判している。前川さんのことがあったばかりだもの、怖くて声なんか上げたくないのに。次の選挙まで、誰が身分や生活を支えていると思ってるんだ?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい