一之輔「また◯◯かよ」という客に「飽きてるようじゃまだまだ全然!」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔「また◯◯かよ」という客に「飽きてるようじゃまだまだ全然!」

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもの『ネタ』を頼んでおけば、ハズレなし(※写真はイメージ)

いつもの『ネタ』を頼んでおけば、ハズレなし(※写真はイメージ)

 北海道に行った時、某回転寿司チェーン店で『一番人気・こぼれイクラ軍艦』なるものを注文しました。いつもイクラは頼まないのに「こぼれ」にスケベ心をくすぐられ。大将の、

「あいよー! こぼれ一丁ッ!!」

 の叫び声を合図に、店員がカウンターの中にある大太鼓を「ドンドコドンドコドンドコ!!」と打ち鳴らし始めました。

 職人・ホール係の全員が手を止めて、鳴子を取り出しカチャカチャ鳴らしながら、「ジャンジャンジャンジャンっ!!」との掛け声を発し続けます。

 それに合わせて、軍艦にひたすらイクラをかけまくるという一大エンターテインメント空間……。店中の全てのお客さんが私と私の軍艦を見つめています。

「おまちどおさまですーっ!」

 皿にはイクラの小高い丘。恥ずかしすぎて味は覚えてません。

 慣れないものは手を出さないほうがいいな……とお会計を待ってると、隣の席のおじさんが、

「こぼれイクラ、太鼓なしで」

 と慣れた様子で注文してました。聞けば、一番人気でも「太鼓あり」は1日2、3回しか出ないらしい。早く言ってくれよ。

 落語も寿司も慣れない土地では手慣れたネタ。これ鉄則。

週刊朝日  2017年6月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください!アーカイブもいろいろあります

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい