AERA dot.

休肝日はいらない? 医師・帯津良一が「酒は天の美禄なり」を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#健康

「肝臓は毎日、鍛えないといけないのです(笑い)。」(※写真はイメージ)

「肝臓は毎日、鍛えないといけないのです(笑い)。」(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】
酒は天の美禄(びろく)なり。少のめば陽気を助け、
血気をやはらげ、食気をめぐらし、愁(うれい)を去り、
興(きょう)を発して、甚人に益あり。(巻第四の44)

「酒は天の美禄なり」とは、酒は天から与えられた手厚い俸禄(ほうろく=職務に対する報酬で、米または銭)だという意味です。もともとは『漢書(かんじょ)』(前漢の歴史を記した紀伝体の書。後漢の班固の撰)に書かれた言葉だといいますから古いですね。それを引用してきた益軒先生は私と同様に、相当な酒好きだと思われます。

 しかし、飲み過ぎについては厳しく戒めています。

「酒を飲(のむ)には、各人(おのおの)によつてよき程の節あり。少(すこし)のめば益多く、多くのめば損多し」(巻第四の45)

 さらに「すぐれて長生きの人の十人に九人は酒を飲まない人。酒を多く飲む人の長命はまれである。酒はほろ酔いに飲むことで、長生きの薬になる」(巻第四の51)とも語っています。

 私は養生のスローガンに「朝の気功に夜の酒」を掲げています。ですから、闘病中の患者さんにも、よほど肝機能の悪い人以外は「適量のお酒は飲みたければ飲んでもいいですよ」と話しています。特に抗がん化学療法を強いられている患者さんは、時には少しお酒を飲み、ほっとする時間が必要なのです。

 それによって、免疫能力を向上させた方がいいと思っています。患者さんにそう勧めると、ちょっと驚いたあと、とてもうれしそうな顔をされます。

 私は、毎日適量を飲むのであれば、休肝日も必要ないという考えです。肝臓は毎日、鍛えないといけないのです(笑い)。

 以前、NHKの教育テレビに出演して、養生についてシリーズで語るなかで、この休肝日不要論に触れたところ、画面の下段に「これは帯津先生の個人的な意見です」というテロップが流れました。これには苦笑させられました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   健康 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加