日本もハリウッド方式に 伊武雅刀が映画の現場を語る (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本もハリウッド方式に 伊武雅刀が映画の現場を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
伊武雅刀(いぶ・まさとう)/1949年、東京都生まれ。「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのデスラー総統を演じたほか、ラジオ番組「スネークマンショー」などで人気を博し、その後、映画、ドラマ、ナレーションなど幅広く活躍。最近の出演作品は、映画では「セーラー服と機関銃-卒業-」「後妻業の女」「ミュージアム」など。ドラマでは「釣りバカ日誌Season2 新米社員 浜崎伝助」「精霊の守り人 悲しき破壊神」「べっぴんさん」など。現在放送中のドラマ「みをつくし料理帖」(NHK)にも出演している。(撮影/関口達朗)

伊武雅刀(いぶ・まさとう)/1949年、東京都生まれ。「宇宙戦艦ヤマト」シリーズのデスラー総統を演じたほか、ラジオ番組「スネークマンショー」などで人気を博し、その後、映画、ドラマ、ナレーションなど幅広く活躍。最近の出演作品は、映画では「セーラー服と機関銃-卒業-」「後妻業の女」「ミュージアム」など。ドラマでは「釣りバカ日誌Season2 新米社員 浜崎伝助」「精霊の守り人 悲しき破壊神」「べっぴんさん」など。現在放送中のドラマ「みをつくし料理帖」(NHK)にも出演している。(撮影/関口達朗)

林:そうなんですか。

伊武:「キツツキと雨」(12年公開)というのも、沖田修一という若い監督だったんですけど、現場がすごくよかった。

林:どんな雰囲気だったんですか?

伊武:最初は「監督、どこにいるの?」って感じだったんですが、周りが「この監督が撮りたいようにどんどん協力してあげよう。この監督のためにみんなでいい作品にしよう」という気になっちゃうんです。

林:ほーお。

伊武:昔は映画監督に「なんだ、そんなつまんない要求をしてくるのか」と思うこともあったけど、今の若い監督は要求が的確ですよ。「すみません。もう一回お願いします」と言われてもいやな気がしなくて、「まだ欲しいものがあるんだな」と思ってみんなで頑張る。沖田監督は「横道世之介」もおもしろかった。

林:私も見ました。聞いた話ですけど、今の監督さんって、何台ものカメラで同時に撮るそうですね。

伊武:今、多いのは、たとえばこの対談のシーンなら、林さんのアップと引きと、さらに大きい引きを、3台のカメラで最初から最後まで撮っちゃうんです。そして今度はライティングを変えて、俺のアップと引きと、さらに大きい引きを撮って、今度は2人が話しているツーショットを横から撮る。それが主流なんですよ。ハリウッド方式というのかな。

林:俳優さん、緊張感を保つのが大変ですね。

伊武:何回もやらされてね。テンションが高いお芝居だと疲れちゃう。声がガラガラになっちゃうし。

林:そうですよね。

伊武:そうやって撮った素材を、今度はエディターが編集する。エディターの力で映画はどうにでもなっちゃうんですね。ハリウッドはそうですよ。そういう方法もあるけど、昔は、監督がイメージした映像があって、そのとおりに撮れたらオーケーという人が多かった。今でも京都の撮影所なんかに行くと、そういう撮り方をする監督さんがいますけど、時代が変わってきちゃったんですね。

週刊朝日 2017年6月16日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい