AERA dot.

射精しすぎると短命になる? 貝原益軒が示す年代別の「セックス回数」

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「益軒が養生訓のなかで繰り返し語っているのが『色欲(性欲)を慎め』ということです」 (※写真はイメージ)

「益軒が養生訓のなかで繰り返し語っているのが『色欲(性欲)を慎め』ということです」 (※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

【貝原益軒養生訓】
男女交接の期は、孫思ばく(※)が千金方(に)曰。
(中略)五十(の)者(は)二十日に一(たび)泄す。
六十者(は)精をとぢてもらさず。
もし体力さかんならば、一月に一たび泄す。(巻第四の62)
※二点しんにょうに貌

 益軒が養生訓のなかで繰り返し語っているのが「色欲(性欲)を慎め」ということです。「総論上」では「わかき時より色慾をつつしみ、精気を惜むべし。精気を多くつひやせば、下部の気よはくなり、元気の根本たへて必命短かし」(巻第一の9)と説いています。精気とは具体的には精液のことで、下部とは性器です。つまり、セックスで射精しすぎると、男性器は弱くなるし、命が短くなると忠告しているのです。

 さらに、巻第四では、「飲食」「飲酒」などの項目に続けて「慎色慾」の項目を設けて、色欲をどう扱うべきかを語っています。そこには、すでにお話しした(4月28日号)「接してもらさず」の教えもあります。益軒先生がさすがなのは、ただ闇雲にセックスを慎めと言っているのではなく、年代別にどの程度慎むべきなのか回数を示していることです。それが「男女交接の期は、孫思ばくが千金方(に)曰。人、年二十(の)者は四日に一たび泄す」(巻第四の62)のくだりです。

 唐代初期の名医、孫思ばくがまとめた医薬書『千金方』(備急千金要方)を引用して、20歳ならば4日に1回、射精していいと語っています。30歳ならば8日に1回、40歳なら16日に1回、50歳なら20日に1回と続きます。60歳になると射精しなくていいが、体力があるなら1月に1回がいいというのです。さらに、若くて盛んな人が忍んで1月に2回にして欲念をおこさないようなら長生きができる、といったことも語られています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   セックス , 帯津良一 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加