フレンチの王道! 都倉俊一が絶賛する“美食の作曲家”を冠した一皿 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フレンチの王道! 都倉俊一が絶賛する“美食の作曲家”を冠した一皿

このエントリーをはてなブックマークに追加
レストラン クレッセント「ロッシーニ クレッセントスタイル」/本来「ロッシーニ」は、ソテーした牛肉の上にフォワグラを重ねて盛るが、この店では別盛りでアレンジを加える。ミディアムレアに焼いた飛騨牛のフィレ肉には、フランス産のトリュフがたっぷりと添えられる。表面を香ばしく焼いたフォワグラを肉にのせ、香り高いソースと共に味わっても。3万2400円のコースの主菜として提供するが、1万9440円~のコースに+5400円で提供も可能。税込み・サ別(撮影/写真部・岸本絢)

レストラン クレッセント「ロッシーニ クレッセントスタイル」/本来「ロッシーニ」は、ソテーした牛肉の上にフォワグラを重ねて盛るが、この店では別盛りでアレンジを加える。ミディアムレアに焼いた飛騨牛のフィレ肉には、フランス産のトリュフがたっぷりと添えられる。表面を香ばしく焼いたフォワグラを肉にのせ、香り高いソースと共に味わっても。3万2400円のコースの主菜として提供するが、1万9440円~のコースに+5400円で提供も可能。税込み・サ別(撮影/写真部・岸本絢)

レストラン クレッセント/東京都港区芝公園1 − 8 −20/営12:00~13:00L.O.(昼は土のみ営業) 17:30~20:30L.O.(土18:00~)/休日・祝( 8 月1 日~9 月30日は改装工事により休業)/2 日前までに要予約(撮影/写真部・岸本絢)

レストラン クレッセント/東京都港区芝公園1 − 8 −20/営12:00~13:00L.O.(昼は土のみ営業) 17:30~20:30L.O.(土18:00~)/休日・祝( 8 月1 日~9 月30日は改装工事により休業)/2 日前までに要予約(撮影/写真部・岸本絢)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は作曲家・都倉俊一さんのレストラン クレッセント「ロッシーニ クレッセントスタイル」だ。

*  *  *
 この店は子供の頃、特別な日に両親に連れられていったのが最初です。若い頃はデートにも利用しました(笑)。建物自体がまるで美術品のよう。都心にある店とは思えないくらい雰囲気も良くて気に入っています。

 ここ最近は、繊細でモダンなフランス料理が増えたように感じますが、僕には物足りなくて……フランス料理はソースが濃厚なクラシックなスタイルが昔から好きなんです。そんな僕の好みにぴったりなのがこの一品。作曲家で美食家のロッシーニの名にちなんだフレンチの王道とも言うべき料理を、シェフの磯谷卓さんが独自にアレンジした店の看板メニューです。

 トリュフのパン粉をまぶした牛フィレ肉は、周りはサクッとして肉質は軟らか。フォワグラはとろりと口の中で溶けてしまう。そこにポルト酒と黒トリュフが香るソースが重なり、たまりません。思わずワインが欲しくなりますね。合わせるならブルゴーニュの赤かな? 熟成したピノ・ノワールの香りは、トリュフとの相性も抜群ですから。

【レストラン クレッセント】東京都港区芝公園1-8-20/営業時間:12:00~13:00L.O.(昼は土のみ営業)、17:30~20:30L.O.(土18:00~)/定休日:日・祝(8月1日~9月30日は改装工事により休業)/2日前までに要予約

週刊朝日 2017年6月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい