丹田は実在する? 外科医が手術で見つけた「気の世界」とは?

連載「貝原益軒 養生訓」

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】
養気の術つねに腰を正しくすゑ、真気を丹田(たんでん)におさめあつめ、呼吸をしづめてあらくせず、(中略)胸中に気をあつめずして、丹田に気をあつむべし。
(巻第二の48)

 生命のエネルギー、いわゆる生命力を高めることが養生です。中国医学ではこの生命のエネルギーを「気」という言葉で表現します。益軒も、養生訓のなかで、養生の道は気を整えることだと語っています。

「百病は皆気より生ず。病とは気やむ也。故に養生の道は気を調(ととのう)るにあり」(巻第二の47)

 生まれつき持った先天の気と、飲食などによって得た後天の気が結合したものを真気といいます。正気、元気ともいうのですが、これが体の中を滞りなくめぐっていることで、全身に力がみなぎり、健康になるというのが中国医学の考え方です。そして、この気が流れる上下のルートを経脈(けいみゃく)、そこから分かれたルートを絡脈(らくみゃく)といいます。合わせて経絡(けいらく)といい、全身に行きわたっています。鍼(はり)や灸はこの経絡を刺激することで、気の流れに働きかけて治療するのです。

 気の流れの中心になるのが丹田です。丹田とは道教でいう丹薬(生命を育む秘薬)を栽培する田圃(たんぼ)という意味です。

「臍下三寸(約9センチ)を丹田と云。腎間の動気ここにあり。難経に『臍下腎間の動気は、人の生命也。十二経の根本也』といへり。是人身の命根のある所也」(巻第二の48)

 益軒も後漢(25~220年)の末期以前の医学書の難経(黄帝八十一難経)を引用して、丹田に躍動する気(動気)が生命の源であり、丹田こそ命の根本がある所だと説いています。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック