まるで自分のよう? 小林稔侍がすすめる「根が真面目」な店とは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まるで自分のよう? 小林稔侍がすすめる「根が真面目」な店とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
つるふく 三田牛柳川風/一頭買いした未経産の雌牛の赤身と霜降りをブレンドして使用。季節によっては大阪産若ゴボウが入っていることも。980円。奥の「豆腐の季節野菜あんかけ」は、野菜をヘルシーにたっぷりとってほしいという思いからできたメニュー。600円。税込み(撮影/山本倫子)

つるふく 三田牛柳川風/一頭買いした未経産の雌牛の赤身と霜降りをブレンドして使用。季節によっては大阪産若ゴボウが入っていることも。980円。奥の「豆腐の季節野菜あんかけ」は、野菜をヘルシーにたっぷりとってほしいという思いからできたメニュー。600円。税込み(撮影/山本倫子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回は俳優・小林稔侍さんが通う店、つるふくの「三田牛柳川風」「豆腐の季節野菜あんかけ」だ。

*  *  *
 この店のママのお父さんと私は、もう何十年にもなる付き合いなんですよ。そんなご縁で、大阪へ行くと必ず立ち寄るようになって、早7年かなあ。いつもメニューはお任せなんです。というのも、何を食べてもおいしいから。近くに新歌舞伎座があるせいか、常連さんには役者さんも多いみたいですよ。

 ここの料理はね、なんだか体にいいような気がするんです。味も優しいし、おなかにすとんと収まる感じ。牛肉の柳川鍋は、和牛のいいところを牛のスープで煮て、玉子でうまみを閉じ込めてある。豆腐と野菜のあんかけも、野菜の味や歯ざわり、香りを豆腐が受け止めて絶妙です。真面目に素材と向き合っているからこそできる味ですが、出てくる姿はさりげない。そこが心憎いですね。

 これまで色んな役を演じてきました。一番すんなり入り込めるのは「平凡でも必死に踏ん張っている、普通の人」の役。そんな私ですから、食事も普段着の味、それでいて「根が真面目」なお店が一番くつろげるんです。

「つるふく」大阪市天王寺区上本町6-3-31上本町ハイハイタウン1F/営業時間:11:00~14:00、17:30~22:00L.O./定休日:月

週刊朝日 2017年5月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい