ゴルフなのに6ホール? 丸山茂樹が「ゴルフシックス」を解説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴルフなのに6ホール? 丸山茂樹が「ゴルフシックス」を解説

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
青木さんは期待通りのエージシュート (c)朝日新聞社

青木さんは期待通りのエージシュート (c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が、先日行われたチャリティーゴルフ大会とともに、欧州ツアーで行われた新たな試み「ゴルフシックス」について解説する。

*  *  *
 いやあ、日本を代表する著名人のみなさんもゴルフが好きなんですねえ!

「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」(5月6~7日、千葉・麻倉GC)です。今年は選手としてプレーできなかったので、テレビ番組のインタビュアーなんかで盛り上げ役に徹してきました。ほぼ全員の方とお話しするチャンスがあったんですけど、岩城滉一さん(66)もそう、柴田恭兵さん(65)も宮根誠司さん(54)も、みんなゴルフが好きですよ。ほんとに好きです。うれしい限りですよ。あれだけ忙しい人たちが時間を割いて、しかもボランティアで参加してくださる。2日間ああやって楽しんでくれる姿を見てると、心からうれしいですよね。

 昨年、競泳の現役を引退した北島康介(34)は初参加でした。2日目は99で回って、「ゴルフはうまくいかないところが楽しい」なんて言ってましたね。青木功さん(74)は71で回って、この大会で4度目のエージシュート達成。ご機嫌で、詳細に説明してくれました。プロの部では横尾要(44)が優勝しました。彼はいま下部のチャレンジツアーが主戦場ですけど、ツアーでなくても優勝ってのは自信になるし、勇気をもらえる。よかったですよ。現に翌日もたまたまゴルフ場で会ったんですけど、ホールインワンしてましたからね!

 さて、少し前の話になっちゃいますけど、宮里優作(36)が2年ぶりとなるツアー4勝目を挙げました。「中日クラウンズ」(4月27~30日、名古屋GC和合)です。

 優作が普通にプレーしてれば、優勝なんて当たり前のことなんですよ。今回は最後に6メートルのバーディーパットを決めましたけど、彼のウィークポイントのパットが、もう少し彼のゴルフを引き立ててくれるといいんですけどね。パットが調子いいとすぐに優勝争いできるんで、1年に1回か2回はハマってくれると気分がいいんですが。松山英樹(25)もそうですけど、ショットメーカーの人は、そうなりがちなんですよね。ハマったときに必ず勝てるように、普段から準備しとくことですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい