お笑い芸人化した吉田沙保里に感じる残念な違和感 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お笑い芸人化した吉田沙保里に感じる残念な違和感

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日#東京五輪
元AKB48の島崎遥香を警護すると現れた吉田沙保里(撮影/大塚淳史)

元AKB48の島崎遥香を警護すると現れた吉田沙保里(撮影/大塚淳史)

イベントに登場した吉田と島崎(撮影/大塚淳史)

イベントに登場した吉田と島崎(撮影/大塚淳史)

 警備服姿の吉田とお姫様扱いされる島崎が並ぶと、どうしても扱いの差が際立ってしまう。

 そしてイベント後の囲み取材では、ある記者から、

「登場した時、本当にしっくり来てましたよ」とイジられた。

 さらに「今年に入って婚活エピソードはあります?」とマイクを向けられ、吉田に面白い“婚活”エピソードを求めるかのような質問も。

「常に婚活してるつもりですけど。出会いを広げていかないと、なかなかできないかな~。(島崎に)一緒に婚活しましょうね。島崎さんだったらすぐ(結婚する)。一緒にしたらダメか。ごめんなさいね」

 大人の対応を見せつつ、自虐的なコメントで報道陣を笑わせる吉田。

 まるでお笑い芸人としての役割を求められているかの様だったが、吉田は五輪3連覇を達成し、国民栄誉賞まで受賞している。

 そして、東京オリンピックを目指す現役アスリート。性格が良いためか、吉田は一切嫌なそぶりを見せていなかったが、現場では残念な違和感が漂っていた。(本誌・大塚淳史)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい