前代未聞の業務改善命令でも「大放言」した元経産官僚の商工中金社長 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前代未聞の業務改善命令でも「大放言」した元経産官僚の商工中金社長

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
5月9日に国から業務改善命令を受け、記者団の取材に応じた商工中金の安達健祐社長 (c)朝日新聞社

5月9日に国から業務改善命令を受け、記者団の取材に応じた商工中金の安達健祐社長 (c)朝日新聞社

 商工中金の不正行為は、「補助金をだまし取る行為に等しい」と指摘する専門家もいる。常習的だったうえ、経営陣に報告された不正をコンプライアンス部門がもみ消し。こんな会社、ふつうなら存続すら危うくなっておかしくない。

 だが、経産省などが商工中金を厳しく処分・指導できるかは怪しい。

 社長・副社長は2代続けて経産省元次官と国税庁長官が務める。両省の現役幹部も出向中。リーマン・ショックや東日本大震災などの悪影響が和らいだあと、「デフレ」「原材料高」などあいまいな認定要件の項目を加え、不正の温床を生んだのは、ほかならぬ経産省だ。

 9日の業務改善命令は、来月9日までに業務改善計画をまとめ、計画の進み具合を毎月20日に報告するように求める内容。危機対応での融資案件の全件調査も求めていて、結論までには時間がかかりそうだ。

 反省の色が見られない経営陣が、どんな計画をたてるのか。自らの組織の危機と自認して生まれ変わらないと、中小企業の期待に応えるどころではない。

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい