AERA dot.

「キレ」「伸び」も数値で判別 東尾修「これからは『回転数』だね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

2500回転を超えたこともあるソフトバンク・千賀=宮崎市 (c)朝日新聞社

2500回転を超えたこともあるソフトバンク・千賀=宮崎市 (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、それまで感覚的に表現していた野球用語が「数値」と結びつけられる時代になったという。

*  *  *
 大リーグのテレビ中継などを見ている方ならわかると思うが、投手の1分間あたりの投球の回転数が紹介されるようになった。打者ではホームランの弾道や初速、スイングスピードなども紹介される。時代はここまで来たなと感心する。

 日本でも、各球団が続々と最新鋭の機器を導入しているという。米軍の迎撃ミサイル「パトリオット」開発で生まれた技術を応用したデータ分析機器で「トラックマン」と呼ばれる。投手視点で言えば、リリースポイントの位置まで数値化されるという。

 あいまいで、感覚的な部分であった球の「キレ」「伸び」といった野球用語も、回転数などと結びつけて数値化できる時代が来たということだ。「毎分何回転」で表示される数字は、大リーグでは直球の平均値が2100回転。これを超えると「キレがいい」となるという。ダルビッシュ(レンジャーズ)は2500回転を超えており、ソフトバンク・千賀も試合によっては2500回転を超える時もある。投球の「角度」も投手のリリースポイント、ボールの軌道などの数値でわかる。

 これらの数値は、選手自らの状態把握と同時に、教える側の指導者にも「根拠」となり得るよね。例えば「お前の球は捕手の手元で伸びを欠いている」と選手に指摘したとする。今までは感覚的なもので、選手本人が自覚していないと、なかなか現実のものとして捉えられなかったと思うが、良い時との回転数を比較されれば、すぐに納得できるものとなるだろう。

 このコラムでも、私は回転数やスピンが足りない、などと話してきたことがあった。投手総合コーチを務めた2013年の第3回WBCの田中将大(現ヤンキース)には、WBC球で回転数が足りず、本来のボールが投げられていないと指摘したことがある。当時は感覚的なものだったけどね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   東尾修 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加