北原みのり「『安倍晋三の家内』という名刺」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『安倍晋三の家内』という名刺」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
少なくとも「安倍晋三の家内」が名刺だった昭恵さんは、本当の意味で自分一人で決断し、自由に動かせるお金を持ったことがなかったのは事実だろう(※写真はイメージ)

少なくとも「安倍晋三の家内」が名刺だった昭恵さんは、本当の意味で自分一人で決断し、自由に動かせるお金を持ったことがなかったのは事実だろう(※写真はイメージ)

 昭恵さんの存在によって暴かれつつある安倍政権の「権力」の正体について考えさせられる。自分で決断することも、自分でお金を稼ぐことも、自分で政治について語る言葉を持つこともできない立場に女を追いやり、「妻」として管理し、エロスもなく(多分)、会話もなく(多分)、だけど都合良く最大限に活用してきた男性政治家たちは、「来るべき時が来た」と、どこかで思っているのではないか。「店をやりたいんだけど」と妻が告げた河口湖の夜の安倍首相の怯えた顔を、私はどこかで確かに見たことがあるような気がしてならないのだ。それは、政治家に限らず、「女とはそういうもの」と、女をあらゆる場所から排除してきた男たちが潜在的に抱えている恐怖ではないだろうか。昭恵と晋三夫婦像は、この国で、決して特殊な例ではない。

 それにしても昭恵さんの言葉は、何を読んでも、かなり空虚だ。年季の入った空虚ほど、闇が深く破壊力のあるものはない。この破壊力をもって安倍政権を倒せるよう、私は「祈ります」。

週刊朝日  2017年4月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい