羽生結弦にライバル出現! フィギュアで平昌を制すのは誰? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

羽生結弦にライバル出現! フィギュアで平昌を制すのは誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加
宇野昌磨(うの・しょうま)/この1年で4回転を2種類増やして3種類にし、世界選手権や五輪のメダルに手が届く位置まで上り詰めた。「いつか超えたい」という羽生の背中を追いかけ、急成長中だ (c)朝日新聞社

宇野昌磨(うの・しょうま)/この1年で4回転を2種類増やして3種類にし、世界選手権や五輪のメダルに手が届く位置まで上り詰めた。「いつか超えたい」という羽生の背中を追いかけ、急成長中だ (c)朝日新聞社

三原舞依(みはら・まい)/昨季苦しめられた原因不明の関節炎の治療を続けながらシニアデビューした今季、大躍進を果たした。「滑れる感謝とうれしい気持ち」で重圧をはねのけ、ジャンプのミスも少ない (c)朝日新聞社

三原舞依(みはら・まい)/昨季苦しめられた原因不明の関節炎の治療を続けながらシニアデビューした今季、大躍進を果たした。「滑れる感謝とうれしい気持ち」で重圧をはねのけ、ジャンプのミスも少ない (c)朝日新聞社

 平昌(ピョンチャン)オリンピックまで、あと1年。その命運を左右する世界選手権が、3月29日から始まる。敵なしと思われた男子・羽生結弦に、意外なライバル出現。女子も五輪3枠キープの危機。どうなる日本フィギュア!

 男子は群雄割拠の戦国時代だ。

 昨季までは、羽生(ANA)とハビエル・フェルナンデス(スペイン)が、世界選手権とグランプリ(GP)ファイナルの1、2位を占めてきた。今季の世界選手権は、四大陸選手権で羽生を破った新星、ネーサン・チェン(米)が優勝争いに割って入る勢いだ。宇野昌磨(中京大)、パトリック・チャン(カナダ)も表彰台を狙う。

 質の高い3種類の4回転ジャンプを持つ羽生がミスをしなければ、3大会ぶりの優勝は堅い。過去2シーズンは年明け前だった調子のピークを、シーズン終盤の今大会に合わせられれば、来年2月の平昌にもつながる。

 フェルナンデスは4回転が2種類だけだが、総合力が高い。史上初めて4種類の4回転に成功したチェンは、まだ17歳ながら、表現力もあり、五輪で羽生の最大のライバルに成長する可能性が大きい。宇野は今月、記録が非公認の大会で300点超えの演技をした。2回目の世界選手権で初のメダルを狙う。

 日本女子はエース宮原知子(関大)が直前に棄権した。五輪出場枠3枠確保には、世界選手権で上位2人の順位の合計が13位以内になる必要がある。今季シニアデビューした若手2人の頑張りが欠かせない。

 四大陸選手権で優勝したシンデレラ・ガール三原舞依(神戸ポートアイランドクラブ)は、大舞台の重圧を力に変え、通常どおり楽しんでミスなく滑りたい。四大陸で9位だった樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は、気持ちの切り替えは早いタイプ。ここ一番での勝負強さもある。急きょ出場する本郷理華(邦和スポーツランド)は、体調を整えられるか。2人が7位以上の可能性はある。期待したい。

 優勝争いは、連覇を狙うロシアの17歳エフゲニア・メドベジェワが頭一つ抜けている。追うのは同じロシアのアンナ・ポゴリラヤ。ソチ五輪銅メダルで、出場停止処分明けのベテラン、カロリナ・コストナー(イタリア)や、ケイトリン・オズモンド(カナダ)が表彰台を狙う。

週刊朝日  2017年4月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい