神木隆之介が映画「3月のライオン」のためにした役作りとは?

週刊朝日
「実写化されるなら、桐山零をやるのは神木君しかいない」。ネット上では、そんな原作ファンの声がささやかれていた。そして今月、映画「3月のライオン」が公開された。

「僕もファンだったので、お話をいただいてとてもうれしかったです。ただ、自分が読者として感じた作品の“あったかさ”を表現するのは、すごく難しく思いました」

 話し方、タイミング、たたずまい……、いろんなことを試しながら、何度も撮り直したシーンもある。「どの本番が使われたか、わからなくなるほど」だという。

 若くして「天才」と呼ばれてきたが、役柄を自分のものにするために地道な努力を重ねている。

「僕は日常生活にも役を取り入れるタイプです。今回も桐山のクセや話し方を、ふと思いついたときに試していました。以前、少し怖い役を演じたときに、学校の友達から『なんかピリピリしてるね』と言われたこともあります」

 キャリアはもう20年以上。仕事がイヤになったことは?という質問には、「ないです」と、迷いのない笑顔で答えてくれた。

週刊朝日  2017年4月7日号

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック