土屋太鳳「もう幸せでした」…意外なオフの過ごし方は「墓参り」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

土屋太鳳「もう幸せでした」…意外なオフの過ごし方は「墓参り」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
俳優 土屋太鳳(つちや・たお)/1995年、東京都生まれ。2005年、スーパー・ヒロイン・オーディションMISS PHOENIXで審査員特別賞を受賞。08年、「トウキョウソナタ」で映画デビュー。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14年)、「まれ」(15年)で注目を集める。連続ドラマ「下町ロケット」(15年)、「お迎えデス。」「IQ246~華麗なる事件簿~」(16年)、映画「orange―オレンジ―」(15年)、「青空エール」(16年)など、出演作多数。映画「PとJK」は3月25日に全国公開予定(ヘア&メイク/永瀬多壱[VANITES]、スタイリング/KOSEI MATSUDA[SIGNO]、撮影/写真部・東川哲也)

俳優 土屋太鳳(つちや・たお)/1995年、東京都生まれ。2005年、スーパー・ヒロイン・オーディションMISS PHOENIXで審査員特別賞を受賞。08年、「トウキョウソナタ」で映画デビュー。NHK連続テレビ小説「花子とアン」(14年)、「まれ」(15年)で注目を集める。連続ドラマ「下町ロケット」(15年)、「お迎えデス。」「IQ246~華麗なる事件簿~」(16年)、映画「orange―オレンジ―」(15年)、「青空エール」(16年)など、出演作多数。映画「PとJK」は3月25日に全国公開予定(ヘア&メイク/永瀬多壱[VANITES]、スタイリング/KOSEI MATSUDA[SIGNO]、撮影/写真部・東川哲也)

 連続テレビ小説「まれ」をはじめ、ドラマ「IQ246 ~華麗なる事件簿~」、映画「青空エール」「PとJK」などに出演してきた土屋太鳳さん。多忙な中での休日の過ごし方や将来のことを作家・林真理子さんとの対談で明かしました。

*  *  *
林:勝手に思うんですけど、ダンスも踊れるし、演技力もあるし、ミュージカルみたいなこともできるといいですよね。

太鳳:舞台には挑戦してみたいです。でも、発声もちゃんとやっていないですしダンスも私よりうまい人は山ほどいるから、そこをどこでカバーしていくかですね。

林:ブロードウェーミュージカルとか、できそうですよ。ところでこんなに忙しくて、プライベートな時間はあるんですか。

太鳳:なかなかないですね。でもこの間、入っていたお仕事がポンッと抜けて、3日続けて休みになったんです。「まれ」が終わってから、お正月の三が日を除いて初めての3連休で、どうしようと思って、「よし、お墓参りだ!」……。

林:ちょ、ちょっと(笑)。ふつうはお買い物とか、友達とごはん食べに行こうとか思うんじゃない?

太鳳:母方のお墓が宮崎の日南市なんです。宮崎空港からも1時間半ぐらいかかるので、なかなか行けないから「いまだ」と。家族に「一緒に行ける人いる?」って聞いたら、姉と弟と、父も「行ける」。母は仕事で行けなかったんですが、家族4人で1泊して、もう幸せでした。

林:それはよかったですね。あ、もうこんな時間。このあとバラエティー番組の収録なんですってね。バラエティー、得意ですか。

太鳳:私、しゃべるのが苦手で。

林:いや、お話すごくおもしろかったですよ。

太鳳:ほんとですか? うわー、よかった!(笑)

週刊朝日 2017年3月31日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい