目盛りが“素数”のものさしも? ユニークな大学グッズ8選 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

目盛りが“素数”のものさしも? ユニークな大学グッズ8選

このエントリーをはてなブックマークに追加
大学の名前が入ったさまざまな定番グッズ。写真は東京大学のもの(撮影/写真部・小原雄輝)

大学の名前が入ったさまざまな定番グッズ。写真は東京大学のもの(撮影/写真部・小原雄輝)

■名古屋大学「小林・益川先生人形携帯ストラップ」
2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林誠、益川敏英両氏の人形が付いたストラップ。やさしい笑顔に癒やされつつ、ノーベル賞の栄誉にあやかれそう。669円

■東京農業大学「農大つなぎ」
背中に大学名がプリントされたつなぎ。丈夫で、かつ静電気の発生を防止する繊維を使い、作業に支障が生じにくい。青もあり、サイズもSから3Lまでと豊富。農大の学生も愛用している。6900円(農大生協組合員は200円引き)

◇“他とは違う”を楽しむ京都大学
 大学グッズのなかでも異彩を放っているのが、京都大学の素数ものさしだ。目盛りには2、3、5、7……と素数だけが刻まれ、使いやすいとはいえない。「一回で長さが測れへんかもしれへんけど、いろんな数字の組み合わせを考えるのが楽しくなりますよ」と開発者の、京都大学デザイン学ユニット教授の川上浩司さん。竹に焼き印が入ったものさしは、図らずも京都らしさが出た。「目盛りは手作業で押しているんです」(川上さん)

 新たな京都土産の誕生だ。

■京都大学 素数ものさし
素数ものさしは、2013年3月から京都大学構内の生協で販売している。価格は素数である577円。組合員以外には通信販売は行っていない。京都大学を訪問した際に購入できる。

*価格はすべて税込み

週刊朝日  2017年3月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい