しりあがり寿は日常もギャグ漫画? 「背もたれバターン」「雪駄→藁」… (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

しりあがり寿は日常もギャグ漫画? 「背もたれバターン」「雪駄→藁」…

このエントリーをはてなブックマークに追加
しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)/1958年、静岡県生まれ。81年に多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業後、キリンビールに入社し、パッケージデザインや広告宣伝等を担当。85年に単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。94年に退社し、独立。2002年から朝日新聞夕刊で4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を連載。06年から神戸芸術工科大学芸術工学部教授。近年では映像、アートなど多方面に創作の幅を広げている。
西家ヒバリ(さいけ・ひばり)/1959年、神奈川県生まれ。多摩美術大学油画専攻卒業後、デザイン事務所、ブティック勤務を経て85年に結婚。91年に単行本『底抜けカフェテラス』でデビュー。幼少期の憧れだった少女漫画家とは百八十度違うギャグ漫画家になる。98年に長女を、2002年に長男を出産。代表作に『韓流時代劇にハマりまして』(小学館)など。(撮影/岡田晃奈)

しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)/1958年、静岡県生まれ。81年に多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業後、キリンビールに入社し、パッケージデザインや広告宣伝等を担当。85年に単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。94年に退社し、独立。2002年から朝日新聞夕刊で4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を連載。06年から神戸芸術工科大学芸術工学部教授。近年では映像、アートなど多方面に創作の幅を広げている。
西家ヒバリ(さいけ・ひばり)/1959年、神奈川県生まれ。多摩美術大学油画専攻卒業後、デザイン事務所、ブティック勤務を経て85年に結婚。91年に単行本『底抜けカフェテラス』でデビュー。幼少期の憧れだった少女漫画家とは百八十度違うギャグ漫画家になる。98年に長女を、2002年に長男を出産。代表作に『韓流時代劇にハマりまして』(小学館)など。(撮影/岡田晃奈)

夫:僕は3歳から漫画を意識しだして、小学校の卒業文集に「将来の夢は漫画家」って書いていた。同時に「漫才師とアメリカの大統領」とも書いたけど。

妻:脈絡ないねえ(笑)。

夫:影響を受けたのは手塚治虫さん、赤塚不二夫さん、湯村輝彦さん……。西家さんは少女漫画でしょ?

妻:そう。萩尾望都先生とか山岸凉子先生とか。私は少女漫画家になりたくて、デッサンや基礎を学ぼうと美大に進んだんです。

夫:そうだったんだ。

妻:でもしりさんのアパートに漫画がいっぱいあって、そこで漫画雑誌「ガロ」や大友克洋さんの存在を初めて知った。「こういう表現があるんだ!」ってカルチャーショックでした。

夫:そうか、漫画が目当てだったんだな(笑)。

妻:一気に世界が広がった感じでしたね。

夫:僕も影響を受けたよ。西家さんはグラムロックやデビッド・ボウイが好きだったんです。「男が化粧するなんて!」って、こっちはこっちでショックを受けた。

――夫は大学卒業後、キリンビールに就職。広告部門でパッケージデザインやマーケティングなどを担当した。

夫:やっぱり広告も好きだったんですよね。そっちはそっちでおもしろかったんです。「漫画家はいつでもなれる」って思ったし。

妻:大学時代から、もうデビューしてたよね。

夫:卒業してすぐに漫画で原稿料をもらったかな。

妻:私も大学時代から描いていたけど、デビューはずっと後です。卒業後はデザイン事務所などで仕事をしながら、しりさんにアシスタントとして雇ってもらってた。

夫:僕は会社の独身寮にいたので、休みの日になると西家さんの家に行って、手伝ってもらって漫画を描いてたんです。小さいコタツで向かい合ってね。

妻:日曜の夕方にサザエさんが終わると「あ~明日会社だ……」って帰ってく。

夫:結婚を決めたのも、どこかで飲んでたときに「どうすんのよ?」って聞かれて、「じゃあ」って感じ。

妻:この人といると、ずっと笑っていられると思ったのが決め手かな。暗い人生はいやだし。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい